記事
  • ロイター
  • 2021年10月09日 06:05 (配信日時 10月09日 06:53)

米国務長官、メキシコ大統領と会談 新たな安全保障協定を模索


[メキシコ市 8日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は8日、メキシコを訪問し、ロペス・オブラドール大統領と会談した。両国は新たな安全保障協定の締結を実現し、麻薬対策などを巡り悪化している間係を活性化し、連携の改善を目指す。

両国は共同声明で、「バイセンテニアル・フレームワーク」と名付けられた新たな枠組みの下で、暴力や薬物中毒などを引き起こす問題に対処すると同時に、フェンタニルなどの薬物の材料の密輸に対する取り締まりを強化すると表明した。

ブリンケン長官は、米・メキシコなどで締結する麻薬や犯罪対策に関する安全保障協定であるメリダ・イニシアチブについて、「締結から13年が経った今、われわれが対等なパートナーとして共通の優先課題を明確にできるよう、安全保障協力における新たな包括的アプローチが必要だ」と語った。

ロペス・オブラドール大統領もツイッターへの投稿で「2国間関係の新たな段階を構築する良好な条件」が整っていると述べた。さらに、バイデン米大統領にメキシコに招いた。

今回のブリンケン長官の訪問には、マヨルカス米国土安全保障長官とガーランド米司法長官も同行し、メキシコのエブラルド外相と会談した。

米国は2007年以降、メリダ・イニシアチブの下でメキシコに対し、33億ドルの資金を提供。米当局者は、新たな安全保障協定はメリダ・イニシアチブよりも広範なものになるとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  7. 7

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  8. 8

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  9. 9

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  10. 10

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。