記事
  • ロイター
  • 2021年10月09日 01:55 (配信日時 10月09日 01:53)

ECB当局者、コロナ緊急策解消で政府との軋轢を予想


[シトゥルブスケー・プレソ(スロバキア) 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバー3人は8日、ECBがパンデミック(世界的大流行)への対応として導入した措置について、加盟国政府との軋轢が高まったとしても、解消を検討する必要があるとの考えを示した。

こうした考えを示したのは、ベルギー中銀のウンシュ総裁、スロバキア中銀のカジミール総裁と、スロベニア中銀のバスレ総裁。

スロバキアで開かれたイベントで、ウンシュ総裁は、出口戦略を考える時期が来たが困難が予想されると指摘。カジミール総裁も「現時点ではわれわれと各国財務相との関係は良好だが、こうした関係が永久に続くとは限らない」と述べたほか、バスレ総裁も、ECBが政策正常化に動けば「中銀政策担当者と政府との間の緊張が高まる恐れがある」との見方を示した。

ECBは2022年3月にパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を終了させるとみられているが、その後も資産買い入れプログラム(APP)を継続する公算が大きい。どの程度の規模で、どの程度の期間にわたり買い入れを実施するのかが、議論の焦点になっている。

ECBが9月に発表したインフレ率見通しは21年が2.2%、22年が1.7%、23年が1.5%。

ウンシュ総裁は、ECBの見通しは低すぎると指摘。「物価上昇の一部は一過性のものであるとの議論は正しい」としながらも、ECBの物価目標は半年前の予想よりも早い時期に達成される公算が大きいとの見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  3. 3

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  6. 6

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  7. 7

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  8. 8

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  9. 9

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

  10. 10

    英でコロナ感染再拡大、1日当たり感染者が7月半ば以来最多

    ロイター

    10月19日 09:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。