記事
  • ロイター
  • 2021年10月08日 19:10 (配信日時 10月08日 19:07)

トルコ大統領、中銀総裁への信頼失う 4回目の交代も=関係筋


[アンカラ 8日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領が、中央銀行のカブジェオール総裁に対する信頼を失っていることが分かった。前任者を解任した上で起用してから7カ月も経っていないが、ここ数週間はほとんどやり取りもないという。事情に詳しい関係筋3人が明らかにした。

同筋によると、中銀が利下げを先月まで遅らせたことに大統領は不満を抱いているという。

大統領府はカブジェオール総裁に対するエルドアン大統領の信頼についてコメントしなかった。

大統領は政策への不満から過去2年半で中銀総裁の首を3回もすげ替えており、リラ相場を動揺させ、金融政策の信頼性と予測可能性を著しく損なっている。

アナリストらは先月の予想外の利下げについて、金利の敵と自称するエルドアン大統領が高インフレにもかかわらず長らく刺激措置を求めていることを考慮すると、政治介入があったことのさらなる証左だと指摘する。

野党・IYI党のメラル・アクシェナー党首は6日、大統領が近くカブジェオール総裁を解任しそうだと指摘した。

関係筋は「彼(カブジェオール総裁)に期待されていたのは速やかな利下げだった。その代わり、同じ金利が数カ月も維持された」と指摘。「この問題を巡って相当な不快感があり、エルドアン大統領はカブジェオール総裁ともはや頻繁に会ってもいない」と語った。

中銀は総裁が大統領の信頼を依然として得ているかとの質問にコメントしなかった。

別の2人の関係筋は両者の不和を認めた上で、4回目の総裁交代もあり得るとの認識を示した。このうちの1人は「私の懸念はむしろ大統領自身の政策が中銀総裁の政策よりも批判を受けることになるかどうかだ」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。