記事
  • ロイター
  • 2021年10月08日 14:06 (配信日時 10月08日 16:38)

インド中銀、政策金利を過去最低に据え置き 景気回復を後押し


[ムンバイ 8日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行)は8日の金融政策委員会で政策金利のレポレートを過去最低の4%に、リバースレポレートを3.35%にそれぞれ据え置いた。

新型コロナウイルス対策で導入した金融緩和措置の縮小は、景気の回復を支援するため、段階的に行う必要があるとの認識も改めて示した。

据え置きは予想通り。ロイター調査では、エコノミスト60人全員が据え置きを予想していた。

中銀のダス総裁は「われわれはインフレ軌道が予想よりも好ましくなっていることに安心している」と指摘。「世界的な逆風にもかかわらず、われわれは嵐を切り抜け、インド経済のマクロエコノミックファンダメンタルズの基調的な耐性に導かれた正常局面に向かって航行すると期待している」と述べた。

総裁は「全体としては、総需要は改善しているが、緩みがまだ残っている。生産は新型コロナ流行前の水準をまだ下回っており、景気の回復は引き続き不均一で、今後も政策支援が必要だ」と述べた。

中銀は2021/22年度の消費者物価上昇率の予測を5.7%から5.3%に下方修正。インフレの見通しは予想よりも良好だと指摘した。ただ、通年の経済成長予測は9.5%で維持した。

総裁は「供給サイドとコスト上昇の圧力がインフレに影響を及ぼしているが、現在進んでいるサプライチェーンの正常化で改善するだろう」との見方を示した。

中銀が超金融緩和政策を早期に見直すとの懸念や、銀行システムから余剰流動性を吸収するとの懸念については「われわれの全体的なアプローチは漸進主義だ。急激なことや予想外のことはしたくない」と述べた。

中銀は新型コロナウイルス流行に対応するため、2020年3月以降、レポレートを計115ベーシスポイント(bp)引き下げている。

コタック・インスティテューショナル・エクイティーズのシニアエコノミスト、Suvodeep Rakshit氏は「中銀は目先、流動性の状況やリバースレポ金利の正常化を急いでいない。中銀がリバースレポ金利を引き上げ、政策金利コリドーを縮小するのは、早くても来年2月だとの予想を変えていない」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  3. 3

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  9. 9

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  10. 10

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。