記事
  • ロイター
  • 2021年10月08日 10:20 (配信日時 10月08日 11:05)

豪住宅市場「熱狂」で家計債務増加、金融リスクも=中銀報告


[シドニー 8日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は8日、半期の金融安定報告を公表した。家計債務の増加が金融システムの不安定化につながるリスクが増大しているとし、住宅市場が過熱する中、銀行は融資に関する規律を維持する必要があるとの見解を示した。

銀行システムは全般的には健全で資本も十分だとした上で、負債に後押しされた住宅価格の高騰には注意が必要とも指摘。

「住宅価格の上昇は既存債務者の財政的な耐性を向上させた」とする一方、「家計債務の増加に伴うシステミックリスクが蓄積されてきた」と分析した上で「住宅市場の強さが熱狂に変われば、脆弱性はさらに高まる恐れがある」と警戒を示した。

オーストラリアの銀行監督当局である豪健全性規制庁(APRA)は6日、住宅ローン規制の強化を発表。銀行が借り手のローン返済能力を審査する際に用いる金利バッファーの最低水準を引き上げた。

APRAによると、今年4─6月に承認された新規住宅ローンの5分の1以上は、借入額が借り手の所得の6倍を超えていた。

不動産コンサルティング会社コアロジックが1日発表したデータによると、オーストラリアの住宅価格は9月も上昇基調を維持し、新型コロナウイルス流行による閉鎖措置の中、主要都市の価格は過去1年で20%上昇した。

中銀は5日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置いた。住宅市場の過熱に対する懸念が高まっているが、長期間にわたり低金利を維持する意向を示唆。2024年まで利上げに踏み切らない姿勢を示している。

CBAの豪エコノミクス責任者、ギャレス・エアード氏は、政策変更によって将来の住宅ローン申請者の借入額は幾分減るだろうとする一方、「現在の住宅市場の勢いはかなり強く、来年の住宅価格の伸びに対する全体的な影響は緩やかになるだろう」と分析。

APRAがさらに厳しい措置を取らなければ、22年の住宅価格の伸びは7%になると予想した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  3. 3

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  4. 4

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  5. 5

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    小川淳也はホントに立憲の小泉進次郎なのか

    田中龍作

    11月28日 10:17

  8. 8

    山内俊夫元参議院議を逮捕 関連会社の資金約1億円を横領の疑い

    ABEMA TIMES

    11月28日 17:18

  9. 9

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

  10. 10

    代表選、実施されず。維新・臨時党大会を終えて

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月28日 09:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。