記事

真鍋淑郎氏 ノーベル物理学賞

スウェーデンの王立科学アカデミーは、昨日5日、2021年のノーベル物理学賞を、真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(90)など3氏に授与する、と発表しました。

真鍋氏は、大気の対流などを考慮してコンピューターで気温の変化を予測する気候モデルを世界で初めて考案しました。

二酸化炭素(CO2)の増減が気温に影響することを示し、地球温暖化に関する先駆的な研究が高く評価された、ということです。

ドイツのクラウス・ハッセルマン氏も、気候変動(温暖化)予測についての研究分野を切り開いたことで。

イタリアのジョルジョ・パリーシ氏は、気候のような複雑な現象の理論づくりに貢献したことでの受賞、とのこと。

おめでとうございます!

自然科学分野で、地球科学がノーベル物理学賞を受賞するのは、1995年にオゾン層の生成や破壊の仕組みを解明した研究者の例がありますが、極めてまれなことです。

それだけ現在の温暖化が深刻で、その危機感が高まる中、脱炭素を目指す世界を後押しする強いメッセージになることを期待したいと思います。

真鍋氏は、この分野を開拓し、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書の執筆者にもなっています。

その後、多くの研究者が参入し、IPCC報告書も改訂を重ね、各国が二酸化炭素(CO2)の排出削減策や温暖化に適応する方策を考える際の基盤になっています。

真鍋氏は、脱炭素に向かう世界の動きの第一歩を切り開いたことになります。

温暖化は人間の影響だとする研究が積み重ねられ、2007年には、警鐘を鳴らしてきたゴア元米副大統領と国連の気候変動政府間パネル(IPCC)が、ノーベル平和賞を受賞しました。

真鍋氏などの研究が使われているIPCCの予測、今年8月の地球温暖化の科学的根拠を示した報告書で、人間の影響であることは「疑う余地がない」と断言しています。

それにしても、これだけ優れた頭脳が海外に流出してしまう(真鍋氏は米国籍を取得)日本の基礎科学を重視しない現状を、改めて突きつけられたように思います。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  8. 8

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。