記事

真鍋淑郎氏 ノーベル物理学賞

スウェーデンの王立科学アカデミーは、昨日5日、2021年のノーベル物理学賞を、真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(90)など3氏に授与する、と発表しました。

真鍋氏は、大気の対流などを考慮してコンピューターで気温の変化を予測する気候モデルを世界で初めて考案しました。

二酸化炭素(CO2)の増減が気温に影響することを示し、地球温暖化に関する先駆的な研究が高く評価された、ということです。

ドイツのクラウス・ハッセルマン氏も、気候変動(温暖化)予測についての研究分野を切り開いたことで。

イタリアのジョルジョ・パリーシ氏は、気候のような複雑な現象の理論づくりに貢献したことでの受賞、とのこと。

おめでとうございます!

自然科学分野で、地球科学がノーベル物理学賞を受賞するのは、1995年にオゾン層の生成や破壊の仕組みを解明した研究者の例がありますが、極めてまれなことです。

それだけ現在の温暖化が深刻で、その危機感が高まる中、脱炭素を目指す世界を後押しする強いメッセージになることを期待したいと思います。

真鍋氏は、この分野を開拓し、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書の執筆者にもなっています。

その後、多くの研究者が参入し、IPCC報告書も改訂を重ね、各国が二酸化炭素(CO2)の排出削減策や温暖化に適応する方策を考える際の基盤になっています。

真鍋氏は、脱炭素に向かう世界の動きの第一歩を切り開いたことになります。

温暖化は人間の影響だとする研究が積み重ねられ、2007年には、警鐘を鳴らしてきたゴア元米副大統領と国連の気候変動政府間パネル(IPCC)が、ノーベル平和賞を受賞しました。

真鍋氏などの研究が使われているIPCCの予測、今年8月の地球温暖化の科学的根拠を示した報告書で、人間の影響であることは「疑う余地がない」と断言しています。

それにしても、これだけ優れた頭脳が海外に流出してしまう(真鍋氏は米国籍を取得)日本の基礎科学を重視しない現状を、改めて突きつけられたように思います。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。