記事
  • ロイター
  • 2021年10月06日 18:20 (配信日時 10月06日 19:09)

イオン、通期見通しのレンジ下限で推移 変異株拡大は想定外


[東京 6日 ロイター] - イオンは6日、2021年3―8月期は増収増益となった。前年度の大規模な休業の反動や内食需要への対応が寄与した。ただ、新型コロナウイルス変異株の感染拡大による休業や外出抑制は想定外であり、現時点ではレンジで示している通期見通しの下限値で推移しているという。

イオンは期初、第1四半期(3―5月期)は新型コロナが拡大するものの、第2四半期(6―8月期)には感染者が減少するとみていた。しかし、新型コロナ変異株の感染拡大により緊急事態宣言が続くなど想定外に厳しい環境となった。幹部によると、国内外で71万時間の営業機会を失い、営業総利益への影響は100億円を超えたという。

3―8月期の連結営業利益は前年同期比2.3倍の777億円、純損益は前年同期の575億円の赤字から45億円の黒字に転換した。

下期については、ワクチン接種が想定よりも早く完了することや、ワクチンパスポートの活用などを見込んでいる。コロナ感染者の減少により行動規制の緩和も行われ、「年末年始の人流は19年水準まで戻る」(幹部)とみている。

吉田昭夫社長は「今年度中はコロナとの共存を前提とした事業の組み立てが必要。事業基盤を整える意味でも、デジタルへのシフトをより一層加速させる」と述べた。

2022年2月期通期の連結営業利益は2000―2200億円、純利益は200―300億円の見通しを据え置いた。IBESのコンセンサス予想によると、アナリスト8人の通期営業益予想の平均値は2123億円となっている。

各種値上げが続く中、同社はプライベートブランド「トップバリュ」の食料品価格を年内、据え置く。吉田社長は「いかに独自色の強いプライベートブランドを作っていけるかが課題」と指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    営業禁止の地域でアダルトDVD販売 「まんだらけ禁書房」などを書類送検

    ABEMA TIMES

    10月22日 17:15

  2. 2

    橋下氏「民間のアイデアを役所が潰すな」接種証明システムに水差す総務省に苦言

    橋下徹

    10月22日 17:39

  3. 3

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  4. 4

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

  7. 7

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  8. 8

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  9. 9

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  10. 10

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。