記事

トヨタ〝ソフトウエア・ファースト〟のまちづくり

トヨタ自動車と裾野市は5日、地元で建設中の末来都市「ウーブン・シティ」に関する説明会を開き、地域一体のまちづくりを進めていく計画を明らかにしました。トヨタが東富士工場跡地で開発を進める「ウーブン・シティ」。自動運転などの先進技術やサービスを実証する末来都市です。

※ジェームス・カフナー氏

トヨタの取締役で、ウーブン・シティの建設を進めるウーブン・プラネット・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)を務めるジェームス・カフナー氏は5日、裾野市主催のまちづくり説明会において、2024年か25年まで工事を続け、その後開業すると「ウーブン・シティ」の建設計画について語りました。「ウーブン・シティ」は今年2月に着工、現在、基礎工事が進められています。

注目したいのは、「ウーブン・シティ」が、ハード先行のこれまでのまちづくりとはまったく異なるアプローチで進められることです。つまり、「ソフトウエア・ファースト」のまちづくりです。デジタルを先につくり、そのうえでどのようなリアルの都市をつくるかを構想していくんですね。

なぜ「ソフトウエア・ファースト」のまちづくりなのか。

まったく新しい都市を開発するには、膨大な試行錯誤が必要になります。いきなりリアルな道路や建物をつくってしまっては身動きが取れなくなる。そこでデジタルの特性を生かして高速で試行錯誤を繰り返し、その結果をもとにリアルをつくることで、開発効率とスピードを最大化しようという狙いなんですね。

まちづくりの手法をアップデートするのが、デジタルツインです。

まちづくりの主役は、あくまでもそこに住む人です。住民の声を聞きながら、自動運転やロボットなどの最先端技術を実証実験し、暮らしやすい未来の都市をつくっていく計画です。

「ウーブン・シティ」では、水素を活用したカーボンニュートラル・シティの実現に挑戦するほか、モビリティ、農業、ヘルスケアなどにも取り組み、サステナブルで健康的な未来の都市生活をサポートします。

「若い人には、どのような問題を解決したいかを問いたいと思います。私たちは、その課題を解決したい」と、カフナー氏は述べました。

トヨタは、「ウーブン・シティ」のまちづくり手法を世界に輸出することを計画しています。日本発の新たなまちづくりの手法の発信に期待が高まります。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  3. 3

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  4. 4

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  5. 5

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  6. 6

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  7. 7

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  10. 10

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。