記事

岸田内閣の「一緒に貧乏になろう」という政策

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

岸田内閣が発足し、新しい政策が発表されました。「新自由主義からの転換」というスローガンですが、これは自由競争により格差を拡大させるより、分配によって平等を実現することを優先する政策のようです。

しかし、日本ではすでに結果の平等が実現し「一緒に貧乏になろう(Let’s become poor together)」という世の中になっています。

日本の失業率は諸外国より低く、賃金は上昇しない経済が続いてきました。これは雇用を守ることを優先し、全員で生活水準を切り下げるという政策が続けられてきたからです。

岸田内閣は、その方向性をさらに進めようとしているように見えます。

「分配無くして成長なし」という考え方ですが、「成長無くして分配なし」では無いでしょうか?

分配の平等を優先するのではなく、成長による街の拡大を実現した上での配分を考えなければ、パイの奪い合いになって日本全体が沈没していくだけです。

成長しない経済の中で分配の平等を進めれば、能力がある人は充分な見返りを期待できなくなり、そこから逃げ出していきます。これは個人でも企業でも同じです。

日本にいると今まで以上に「一緒に貧乏になろう」と流れに巻き込まれるリスクが高まってきたと感じます。

私は、富の再配分を否定しているわけではありません。ただその前にやるべきことがあると思っているだけです。

世の中に高い価値を提供する人が報われない社会では、努力する人は減っていきます。それが実現できる日本の外に行った方が良いと思うだけです。

日本にやる気のある優秀な人たちを集め、日本を成長させていくためには、「新自由主義からの転換」では残念ながら対応できないと思います。

新政権の政策発表を聞いて、日本の将来にさらに悲観的になりました。素晴らしい文化に恵まれた、清潔で安全な国にいながら、その流れに巻き込まれないためには、どうしたら良いのでしょうか。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年10月6日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「岸田内閣」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  3. 3

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  4. 4

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  5. 5

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  6. 6

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  7. 7

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  8. 8

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  9. 9

    「70歳定年」の時代へ 退職後の生活で意識したい3つの収入とは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月17日 17:35

  10. 10

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。