記事

中国軍の台湾侵攻に強い危機感 米軍事専門家や元高官らが次々警告

中国軍の台湾侵攻に米専門家が警鐘を鳴らす

 中国人民解放軍の台湾侵攻の可能性について、米国のトランプ政権時代の高官や現役の米軍幹部らが次々と危機感を表明している。

 2018年の米国家防衛戦略の策定で責任者を務めたエルブリッジ・コルビー元国防副次官補は9月中旬、米ワシントンDCで開催された「グローバル台湾研究所(GTI)」の第5回年次総会で、中国軍が台湾海峡を封鎖してミサイル攻撃し、米国が介入する前に台湾を占領してしまうという速攻作戦を展開する可能性が高いと指摘した。

 また、ロバート・オブライエン前大統領補佐官(国家安全保障担当)はGTI総会の基調講演で、コルビー氏同様、中国軍の台湾侵攻作戦の可能性が高いと指摘。「台湾は非常に恐ろしい危機に直面している。台北は、台湾の防衛策を検討するホワイトハウスの担当者から前向きな姿勢を引き出せるよう、一層努力しなければならない」と危機感を表明した。米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が伝えた。

 GTI総会で、コルビー氏は中国軍の台湾侵攻作戦に関する「最も危険なシナリオ」を提示。ミサイル攻撃で台湾の攻撃能力を奪って、台湾を軍事支配下に置くという「既成事実」を作ってしまえば、米国、日本、オーストラリアなどは、この現実を受け入れざるを得なくなると分析した。

 コルビー氏は「これは非常に現実的で可能性のあるシナリオで、その時には米国をはじめとする各国はどのような手も打てず、この新しい現実に呆然とするに違いない」と強調した。

 また、オブライエン氏は「台湾は、中国による陸海空軍共同の侵攻あるいは(禁輸などの経済措置で台湾の孤立を図る)グレーゾーン作戦を阻止するために自らを強化する必要がある」との考えを明らかにしている。

 一方、インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン前司令官も「6年以内に中国が台湾を侵攻する可能性がある。中国の急速な軍備拡大により中国が一方的に現状変更を試みるリスクは高まっている」と危機感を示している。

 デービッドソン氏の後任のインド太平洋軍司令官に任命されたアキリーノ海軍大将も米CNNのインタビューで、「中国は台湾を軍事的に圧倒することを目的に兵器やシステムを急速に増強しており、軍事行動を起こす可能性がある」と警鐘を鳴らしている。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  3. 3

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  4. 4

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

  5. 5

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  6. 6

    「今日の仕事は、楽しみですか。」"炎上→即謝罪"を歓迎するSNS社会の末路

    PRESIDENT Online

    10月19日 14:13

  7. 7

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  8. 8

    現戸籍に固執する必要性も理由もないというのが僕の持論です。- 10月19日のツイート

    橋下徹

    10月20日 10:50

  9. 9

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  10. 10

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。