記事
  • ロイター
  • 2021年10月06日 01:55 (配信日時 10月06日 11:00)

バイデン氏、パウエル氏を信頼 FRB議長再任はまだ決定せず


[5日 ロイター] - バイデン米大統領は5日、来年2月に任期切れを迎える米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長を「今のところ」信頼していると述べた。FRB当局者による金融取引が批判されているのを受け、「こういった主張をいくつか把握しようとしている」と続けた。

パウエル氏の前任のイエレン財務長官はCNBCとのインタビューで、パウエル氏を再任するかは大統領が決めることで、「まだその決定は下されていない」と指摘。バイデン氏は「多くの人と話をして、幅広い資料と意見を検証」した上で決断を下すだろうとした。

与党・民主党の進歩派で有力上院議員のエリザベス・ウォーレン氏はこの日、パウエル議長は金融システムを効果的に規制できなかっただけでなく、FRB当局者の倫理的な失態に対応することもできなかったと批判。

上院の議場で「パウエル氏は効果的な金融規制当局者としての役割を一貫して果たしていない」と指摘。「パウエル氏の失敗はそれだけではなく、リーダーとしても失敗した。われわれはFRBに変化を求めている」と述べた。

ウォーレン氏はまた、CNBCとのインタビューで、パウエル氏が「われわれの経済に危険をもたらす存在であり、そのためパウエル氏の再任に反対している」と述べ、銀行監督に対する緩過ぎる姿勢や、他のFRB当局者の金融取引問題への対応を批判した。

ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、バイデン大統領のコメントに先立ち、ウォーレン氏の発言について質問され、「バイデン大統領は現時点でパウエル氏を信頼している」と述べていた。

ウォーレン氏は先週、パウエル氏がFRBを率いるには「危険な人物」と厳しい言葉を浴びせ、再任に反対票を投じると表明した。

イエレン氏はインタビューで、今年の想定外の高インフレでFRBの金融緩和策を事後的に批判する声がある中、FRBのこれまでの政策判断は正しかったか問われ、「FRBは正しい決定を行うと信用している」と応じた。

米雇用者数は新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)前の水準を約600万人下回っている一方で、多くの企業は人材確保に苦戦するという異例の状況にあると指摘。

「異常な需要パターンの変化が起きた結果、供給制約が生じてインフレを引き起こすという影響が出ており、FRBはその分析に取り組んでいる。影響は一過性だと思うが、今後数カ月で消滅するというものではない」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    営業禁止の地域でアダルトDVD販売 「まんだらけ禁書房」などを書類送検

    ABEMA TIMES

    10月22日 17:15

  2. 2

    橋下氏「民間のアイデアを役所が潰すな」接種証明システムに水差す総務省に苦言

    橋下徹

    10月22日 17:39

  3. 3

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  4. 4

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  7. 7

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  8. 8

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

  9. 9

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  10. 10

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。