記事
  • ロイター
  • 2021年10月05日 11:36 (配信日時 10月05日 11:30)

原油先物軟調、OPECプラスの増産拡大見送りで前日は急上昇


[東京 5日 ロイター] - アジア時間5日の原油先物は小幅に下落した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が増産拡大に動かなかったことを受けて、原油先物は前日急上昇していた。

0054GMT(日本時間午前9時54分)時点で北海ブレント先物は0.03ドル安の1バレル=81.83ドル。米WTI先物は0.10ドル安の77.52ドル。前日はそれぞれ2.5%、2.3%上昇した。

OPECプラスは4日に開いた閣僚級会合で、日量40万バレルのペースで増産する現行の合意を11月も維持すると決定した。原油価格が年初から約50%上昇する中、米国やインドなどの主要消費国から増産幅拡大を望む声が上がっており、OPECプラスに圧力がかかっていた。ただOPECプラスは増産幅拡大には動かず、会合後に発表した声明で、日量40万バレルのペースでの増産というこれまでに合意された「生産調整計画を確認した」と表明した。

バークレイズのアナリスト、アマルプリート・シン氏は、OPECプラスの決定について「来年は余剰が見込まれ、主要産油国の生産能力が限定的であることを踏まえ、増産の緊急性を感じていないことを反映している」と指摘した。

前日の原油急上昇に関しては「7月の決定を再確認しただけということを考えるとやや行き過ぎに思える。市場がそれだけタイトだということだろう」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。