記事

京都新聞が「世界的にカジノの売上は落ち込む」などとデマ拡散

なにやら京都新聞が完全なるデマを撒き散らしているようです。以下転載。
社説:IR誘致申請 皮算用に疑問符が付く
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f3afa49a6a1c893153ae82549fb760dbc76c25c
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備に向け、国土交通省はきのう、自治体の誘致計画申請受け付けを始めた。2020年代後半の開業を目指すが、思惑通りに地域経済の活性化につながるのだろうか。新型コロナウイルス禍の影響もあり、先行きは不透明と言わざるを得ない。

コロナ禍による経営悪化で、ノウハウを持つ海外事業者のIR撤退が相次いでいる。世界的にカジノの売り上げは落ち込んでおり、果たして集客や営業面で事業が成り立つのだろうか。拙速を避け、このまま進めていいのか、いま一度、IRが抱える負の側面を直視して慎重に検討すべきである。
世の中には色んな価値観があって当たり前なので、カジノに賛成/反対派は別にどっちでも良いんですよ。一方で、いずれのポジションを取るにせよ、事実に基づいた論評を行うべきであって、なんぼカジノ憎しとは言えども実態から外れた事象をあたかも事実の様に撒き散らしながら自説の論陣を張るのは糾弾されるべきだと思うわけです。

京都新聞は「世界的にカジノの売り上げは落ち込んでおり、果たして集客や営業面で事業が成り立つのだろうか」などと論じておりますが、もう既に世界のカジノ産業はコロナ禍から脱し始めており、米国のカジノ産業はコロナ禍発生前である2019年との同月比で5ヶ月連続の売上記録の更新。米国最大のカジノ都市、ラスベガスの所在するネバダ州の売上は6ヶ月連続で同月比の売上記録の更新。史上最大の売上となっております。

ワクチン接種で先行したアメリカでもまだ、国際観光客の渡航規制が続いておりそちらの市場はまだ回復の途にある状況ではありますが、国内市場だけでもこんな状況であるのが実態です。


(出所:American Gaming Assotiation

で、京都新聞さんは「世界的にカジノの売り上げは落ち込んでおり、果たして集客や営業面で事業が成り立つのだろうか」などと論じているワケですが、一体「どこの世界」のお話をされているんでしょうかね?

この種の間違った情報の発信源は私には明確なんですよ。以下は昨年5月の「しんぶん赤旗」より。
―苦境のギャンブル業界ではランド(地上型)カジノからオンラインカジノ(コンピューターネット上で仮想的に開帳するカジノ)への構造転換も進んでいます。

 ランドカジノという大規模な施設を持って、窓もない閉鎖空間に客を詰め込み、24時間365日、賭けを続けさせるというビジネスモデルが成長基盤を失い始めています。

 国際的にはオンラインカジノが成長しており、ヨーロッパゲーミング協会のデータでもギャンブル業界全体のシェアでオンラインが13%から16%に増えています。オンラインでもデスクトップからスマホに移行していて、いまランドカジノ市場が閉鎖されているなか、オンラインに大規模に流れ込む動きが加速しています。

[…]カジノの高収益を使って、とにかく客を大量に集め、その客をカジノに誘導し、巨額の収益をあげるというIRのビジネスモデルは終焉を迎えています。

 少なくとも、日本のIRに100億ドルを投資し、国際観光産業をひっぱっていくとか、日本経済の成長を推進していくとか、そんな前提は完全に崩れ去ったと言えます。
(出所:しんぶん赤旗
ここでインタビューを受けている静岡大学の鳥畑与一さん、共産党のしんぶん赤旗など左派系メディアが好んで使うマルクス経済学者さんなのですが、「カジノ反対」を唱えるためにミクロで発生した業界外部の環境要因による売上の落ち込みを拾っては「カジノ産業は死んだ」「カジノは斜陽」と大々的に論じては、毎回「間違える」を繰り返してきた御仁。今回のコロナ禍の前には中国のキャピタルフライト規制、その前には米国のリーマンショックを持ち出して、上とほぼ同じ様な論陣を張っていましたね。

しかし、これは私自身もこのコロナ禍に際してのオンラインカジノの興隆にあたって何度も論じてきましたが、オンラインカジノの台頭は何も今に始まったものではなく2000年代の半ばから既に始まっていたもの。一方で、施設型カジノがここ数十年で単純な賭博行為としてのカジノを提供するだけではなく、「カジノを含んだ統合の滞在体験」を売る業態、すなわち統合型リゾート化してきたのも、その様なオンラインカジノの台頭に対する業界対応であったわけです。要は「カジノはオンラインに取って代わられる」なんていう言説は、我々産業は既に十数年前に通過した場所であって、今更のようにカジノの専門でも何でも無い「ただのマルクス経済学者」の鳥畑氏なぞに「ビジネスモデルが成長基盤を失い始めた」などと言われる様な要因とはならんわけです。

そして、何よりも腹立たしいのが、この鳥畑氏とその論を報じる各メディアは、鳥畑氏が毎度のように嬉々として「カジノ産業は死んだと論じては間違える」を繰り返していても訂正報道なぞは一切しないワケで、結果的に京都新聞のような田舎メディアの三流記者が先行するメディアの「間違った」情報を鵜呑みにして延々と拡散する。こんなこと許されて良いのでしょうかね。

ということで、せめて京都新聞さんは自社の社説で自分自身の論として報じた内容の間違いくらいは訂正して頂けましたら幸いです。

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  9. 9

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  10. 10

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。