記事

儲からない、同調圧力があるからできない? これからのテレビは調査報道やドキュメンタリーに取り組めるのか?『はりぼて』監督と考える

1/2

 スマホやSNSによってマスメディアが発信する短く断片的なニュースが大量に、そして瞬間的に消費されていく中、改めて注目され初めているのが「スローニュース」と呼ばれる概念だ。長期的な深堀り取材によるアプローチであるいわゆる調査報道やドキュメンタリー番組もその一つで、時に世の中を動かす可能性を秘めている。

 29日の『ABEMA Prime』では、富山市議会で発覚した政務活動費の不正問題を追及した『はりぼて』(チューリップテレビ制作)の共同監督で、現在は石川テレビ放送記者の五百旗頭幸男氏、そしてドキュメンタリー作家の小西遊馬氏とともに、テレビ局とスローニュースについて議論した。

【映像】「はりぼて」監督と考える報道の未来

■無意識のうちに権威主義に陥っているようにも思う


 アイドルグループ「アンジュルム」の元リーダー・和田彩花は「メディアの役割は伝えることだとは思うが、その目的がはっきりしていないと、あやふやなことになってしまうと思う。例えば見た目で人の価値を決めるようなことは見直さないといけない時代になっているのに、小室圭さんがロングヘアだったというところだけをネタ的に切り取って騒いでいるのはなぜなのか、そういう報道をすることが公共圏にとってどんな意義があるのか、私からすると本当にわけがわからなかった」とコメント。


 慶應義塾大学の若新雄純・特任准教授は「ワイドショーに出させてもらうようになって分かったのは、その日の放送の中で完結しないといけないという“パッケージ感”があることだ。しかも曜日ごとに制作チームが競争し合っている。そうなると『今週はこの特集で日々追いかけ、少しずつ明らかにしていこうという』アプローチよりも、1時間の中で『こういうことが見えてきたからこうかも?』ということを視聴者に提示し『分かった』『スッキリした』みたいなものを与るような作りになってしまう。視聴者に根気強く付き合ってもらいながら物事を明らかにし、最後の判断は視聴者に委ねますという設計をすることで、番組の作り方は変わっていくような気がする」と話す。


 五百旗頭氏は「地域のメディアでコツコツと取材をし、その積み重ねをドキュメンタリーにしている立場からすると、全てのマスコミを一括りにして“マスゴミ”と言われてしまうのは本当に歯がゆい。大きなメディアにも、ローカルメディアにも、きちんと記者としての役割を果たしている人はたくさんいる。それでも“劇場型報道”のインパクトや、官邸記者クラブに象徴される“聞くべきことを聞かない記者“、“台本ありきの会見”に応じてしまっている記者の印象に絡め取られてしまっている状況があるのだと思う」と指摘する。


 「また、地方から見ると在京メディアは力が強すぎるため、無意識のうちに権威主義に陥っているようにも思う。例えば“独自”というスーパーを付けたニュースが出ることがあるが、僕が県警キャップだった時代に同じことをしたことがあるから、自戒の念も込めて言う。あれは視聴者に向けたものというよりも、自分たちが業界内の勝負に勝ったということを誇る、あるいはメンツを保つためのものだ。そういうことを繰り返す延長線上に、“マスゴミ”という批判があるのではないかと思う」。


 小西氏も「まさに“視聴者の不在”という問題があると思う。自分はネットで活動を開始した身なので、否が応でもフィードバックに触れることになる。そしてそういうアカウントを開いて見ると、学生服を着た女の子だったりもする。だから制作・発信する時、常にその人の姿が頭に浮かび、あの人たちはどう思うかな、傷つくことはないのかな、と考えるようになる。一方で、テレビのような大きなメディアになると、市民、視聴者の顔が見えにくいのではないか。だから視聴者から見て、制作者、情報発信者としての倫理感や責任感が見えてこないのだと思う」と応じた。


 『ニコニコ』を手掛けるドワンゴの社長でもある慶應義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は「新聞やテレビには、長い歴史の中で勝ち取ってきた“報道の自由”がある。記者クラブという存在が良いか悪いかは別にして、総理や官房長官の会見で質問できる権利を持っているのに挑戦をしないのは、すごくもったいない。例えばネットの討論番組の場合、流れるコメントを見ることになるので、参加意識が全く違うということはあるが、ニコニコが総理の会見に出られるようになるだけでも大変だった。フリーのジャーナリストはもっと大変だと思う。マスメディアは、その特権をちゃんと活かしてほしいな」と問題提起。

 さらに「コロナ禍を契機に、きちんと裏取りをし、当事者にも話を聞くマスメディアの役割はますます重要になってきていると感じている。逆に曲解や切り貼りの多いネット上の情報は信頼性を低下させている。ただ、マスメディアがそういうネットの情報に基づいて、それがどのくらい社会を表しているのかを検証しないまま、安易に“こういうキーワードが流行っている”などと流している地上波の番組もいっぱいある」と苦言を呈した。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  3. 3

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  7. 7

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  8. 8

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  9. 9

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  10. 10

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。