記事
  • ロイター
  • 2021年10月04日 10:25 (配信日時 10月04日 10:21)

米GM、6日にEVとソフト強化方針を説明へ


[デトロイト 1日 ロイター] - 米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日の投資家向けイベントで、電気自動車(EV)のラインアップを拡充するとともに、ソフトウエア事業にも同様に注力してプラットフォーム企業としての地位を確立する戦略を明らかにする見通し。

GMは2025年までの期間にEVと自動運転車に350億ドルを投資する計画を既に公表している。事情に詳しい関係者によると、投資家向けイベントで幹部らは、その後の5年間の売上高と利益率の成長目標を発表する見通し。

関係筋の1人は「GMは自動車メーカーからプラットフォーム企業に転換している」と説明。売上高と利益率の目標については「目を見張るような数字を期待してもいい」とした。

GMの昨年の売上高は約1225億ドルだった。

同イベントは、GMの企業評価額(時価総額約750億ドル)をEVメーカーのテスラ(同約7620億ドル)の水準まで引き上げるよう投資家を説得する狙いがある。

EVのラインアップについては、現在予定されている電動ピックアップトラック「GMCハマー」などに加え、大型ピックアップトラックの「シボレー・シルバラード」と「GMCシエラ」のEV版をそれぞれ2022年終盤と23年終盤に発売する計画を公表する見通しであることが、関係筋の話や米調査会社オートフォーキャスト・ソリューションズ(AFS)の予測で明らかになった。

2030年までに同社の全自動車販売にEVが占める割合も示す見通し。

ソフトウエア事業に関しては、同社は先週、23年に実用化するソフトウェアプラットフォームのブランド「Ultifi」を公表。プラットフォームのオープン化を目指すとした。ソフト事業の強化により、従来の自動車会社に比べて景気循環の影響を受けにくくなると投資家に説明する見通し。

韓国のLG化学傘下の電池大手LGエネルギーソリューション(LGES)とのEV用電池での提携をどのように生かすかについても説明があるとみられる。

AFSによると、GMは米国で28年序盤までに少なくとも20車種のEV新モデルを投入する見通し。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  3. 3

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  4. 4

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  5. 5

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    小川淳也はホントに立憲の小泉進次郎なのか

    田中龍作

    11月28日 10:17

  8. 8

    山内俊夫元参議院議を逮捕 関連会社の資金約1億円を横領の疑い

    ABEMA TIMES

    11月28日 17:18

  9. 9

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

  10. 10

    代表選、実施されず。維新・臨時党大会を終えて

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月28日 09:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。