記事

千葉県弁護士会「法曹養成制度」見直し決議が持つ意味

 我が意を得たり、の発言や議事の結果に、弁護士会の議場でも、しばしば聞かれる「よしっ!」という参加者の声。それが、今、全国の弁護士の口をついて出ているのではないか、そんなことを想像させる2月8日に採択された千葉県弁護士会の「『法科大学院を中核とする法曹養成制度』の見直しを求める決議」です。

 既に弁護士のブロクでも取り上げられ(「弁護士 猪野亨のブログ」 「黒猫のつぶやき」 「Schulze BLOG」)、歓迎とともに、今後の動きに注目する声が聞こえてきます。まさに、クリーンヒットというべきです。

 法科大学院修了の司法試験受験資格化撤廃、司法修習2年への変更、給費制復活の直言です。既に受験資格化除外については、昨年6月、愛知県弁護士会も日弁連に対して提言する意見書を発表していますが(「愛知県弁護士会の正論と英断」)、千葉県弁護士会決議が求めているのは、政府、国会、最高裁判所に対してです。表現が適切かどうか分かりませんが、日弁連の頭越しに、弁護士会が法科大学院を中核とする、この「改革」が目指した法曹養成関連政策に、ノ―を突きつけた格好です。

 思うところは、前記弁護士ブログ氏の方々と基本的に同じで、言い尽くされている感もなきにしもですが、あえてここで取り上げておきたいのは、千葉県弁護士会がこの決議の冒頭で確認している基本的な話です。

  「あくまで、現に足りておらず、今後益々足りなくなるであろう法曹を、質を伴う形で多数輩出するための手段として、法科大学院が導入されたということは改めて確認しておかなければならない」

 法曹人口増員の必要性から導かれた法科大学院の導入。「増員ありき」の方針が、法曹界で長く記されてきた司法研修所教育を中心とした法曹養成の議論を、根底から覆し、一気に法科大学院構想になだれ込んだのは、紛れもない事実。最高裁関係者が、かつてもらしたように、それはもはや、その大方針の前に、「受け入れざるを得ない」という状況でもあったのです。

 それが決議も紹介する昨年4月の総務省「法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策評価書」が指摘する通り、現在のペースで弁護士が増やすための需要は顕在化しておらず、供給過多がはっきりしている、つまり見込みは完全に外れた。そして、このことは、取りも直さず、根本的な法科大学院制度導入の大きな前提を意味するということです。

 実は、この基本の確認は、現在とこれからの議論を考えるうえで、非常に話を分かりやすくするものです。つまり、端的に言って、それでもこの制度を維持する、というのであれば、大きく二つの立場に依拠し、こだわる必要が出で来ることがはっきりするからです。

 一つは、それでも弁護士の激増(仮にペースダウンするにしても)は間違っていないという立場に立つか。それは需要が開拓によって、これから生まれるという見方かと、いや、供給過多がもたらす競争にメリットがある、という見方で支えようとするものです。

 もう一つは、あり得るとすれば、教育として法科大学院の存在価値を強調する立場に立つか。需要論と切り離し、法曹の数の必要性ではなく(あるいは現状の需要増見通しがないことを全面的に認めたうえで)、理念としてプロセスの教育が正しいと強弁するもので、当然、「予備校依存」等のお決まりの旧司法試験体制批判を羅列する形になります。

 結論からいえば、このいずれもが苦しい言い分であることは、実ははっきりしていることは、このブロクでもいろいろと書いてきたところです。ただ、彼らが、その苦しい言い分にしがみつかざるを得ない最大の理由が、やはり前記「改革」の大方針、つまり法科大学院導入の大前提が崩れていることにあるといえます。

 そもそも激増政策をやめることも、受験資格化を外すことも、それは即、事実上、現法科大学院構想の「息の根をとめるもの」というのが、多くの法科大学院関係者の認識です。だから、私が聞く限り、制度存続にこだわる関係者の本音からすれば、提言されても選択肢として、そもそもないような話なのです。従って、二番目の教育的価値で、その存続をかけて勝負する気ならば、なにも受験資格にこだわる必要もないではないか、といった「正論」には、耳を傾けるはずもない、ということになるのです。

 しかし、この法曹人口増員と法曹養成制度の一連の「改革」は、千葉県弁護士会の今回の決議が指摘するように、少なくとも法曹界が人材を確保するという目的において、すべて裏目に出た、いわばマイナス効果の方がはっきりしていることは認めざるを得ません。そこでは、この「改革」の真の目的を疑うことすらできますが、それを置いたとしても、その現状からすれば、前記3つの提案にたどりつくことは、当然の過ぎる話です。

 この現状を超えて、なお、この制度を続ける意味、価値が本当に存在するのか。千葉県弁護士会の決議は、もう一度、そのことを根本から問い直す契機としてとらえられていいように思います。

あわせて読みたい

「弁護士」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  7. 7

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  8. 8

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  9. 9

    中国人民銀、仮想通貨を全面禁止 「違法」と位置付け

    ロイター

    09月24日 19:05

  10. 10

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。