記事

【大麻】、カーブサイド・ピックアップに1時間宅配も!ショップもモールに急拡大する?


■マリファナの市場調査や分析を行っているBDSAは先月21日、米国内の大麻の今年の売上高が240億ドル(2.66兆円)に達する見通しを発表した。

アメリカ国内では9月現在、36州で医療用大麻が合法化されており、嗜好用は18州で合法化されている。

アメリカのマリファナ売上高は、日本たばこ産業の2021年度の売上高予想となる2.2兆円をすでに超えているのだ。

連邦(国)レベルではまだ合法化されていないが、大麻市場は2020年から38%という大幅な増加となっているのは、大麻合法化の州が増えていることでマイナスイメージが払拭されているからだ。

またマリファナ市場の急成長は新型コロナウイルス感染拡大も影響している。

象徴的なのは嗜好用大麻を合法化しているカリフォルニア州などの多くの州で、大麻が食品や医薬品と同じように生活に必要な「生活必需品」として認められ、大麻ショップの業務が許可されたことがある。

外出禁止令により小売店やイートインのレストラン、映画館などが自粛に追い込まれる一方、大麻ショップは店頭販売に加えて電話やインターネットで注文を受け、顧客宅へ時短で配達するデリバリーサービスを行い売上を伸ばしたのだ。

こういった大麻ショップの時短&非接触の宅配もあり、BDSAでは国内のマリファナ市場が年率14%の成長を遂げ5年後となる2026年に476億ドル(約5.3兆円)に達するとの予測もだしている。

全米最多の人口となるカリフォルニア州がマリファナ市場の成長を牽引しながら、大麻合法化の州が加わることで巨大な市場に成長していく。

 大麻ビジネスの急成長はショッピングセンターも熱視線を送っている。ショッピングセンターは現在、厳しい冬の時代に入っている。

不動産調査のレイスによるとモール空室率は2021年の第1四半期(1月~3月期)で11.4%となった。新型コロナウイルス感染拡大により統計を開始して以降で最悪を記録したのだ。

モール空室率はリーマンショック後となる2011年第3四半期(7月~9月期)にピークとなる9.4%を記録。

アマゾン・エフェクトでモールから撤退するチェーンが相次いだことで2019年第4四半期には最悪の記録を塗り替え空室率は9.7%に上昇した。

さらにパンデミックの影響で昨年の第3四半期には10.1%となったのだ。繁忙期である年末商戦を含む第4四半期でも空室率は前期から0.3ポイントも悪化し10.4%になった。

今年に入ってもショッピングモールから撤去するテナントが増えたことで、0.9ポイントも空室率は悪化した。

第2四半期(4月~6月期)などそれ以降の空室率は発表されていないが、悪くなることはあっても良くはならない状況だ。

これにより、歯抜け、ムシ食い状態となるモールは急成長するマリファナショップを誘致することには前向きなのだ。

北カリフォルニアにあるライフスタイルセンター「ユニオン・ランディング・ショッピングセンター(Union Landing Shopping Center)」は6月、大規模モールでは全米初となるマリファナ専門店「グルポ・フロア(Grupo Flor)」をオープンした。

2,500平方フィート(約70坪)の売り場は大理石のフロアに白を基調にしたカラーリングの店内、明るいグレーの什器、間接照明等でアップスケールされた雰囲気だ。

ガラスのカウンターテーブルに高い天井、さらにセキュリティもいれば高級感も溢れティファニーと見間違うほどだ。カーブサイド・ピックアップなど手間をかけず受け取れるサービスも展開している。

アップスケールされた大麻店が多くのショッピングセンターで見られる日も近い。国レベルで合法化となれば大手チェーンストアも大麻を扱っていく。

ネットスーパーの品揃えに「食用大麻」が加わるかもしれない。パンや牛乳に混じって、大麻成分が入ったクッキーなどが時短宅配サービスで届けられるのだ。店頭のデリコーナーでは大麻成分入りのマカロンからカヌレ・ド・ボルドーまで購入できるかもしれない。

 ネット通販最大手のアマゾンは6月、従業員や応募者の大麻使用の有無を調べる薬物検査を廃止することを発表した。

アマゾンはまた連邦合法化に向けたロビー活動にも積極的になっている。マリファナをネット通販に含めることができれば凄まじい売上増を見込めるからだ。

チェーンストア最大手のウォルマートもアプリを介して販売できることを望んでいるはずだ。

 そう遠くない将来、マリファナは確実にアメリカ人のライフスタイルの一部になっていく。

トップ画像:オンデマンド大麻宅配のDM。初回注文は40%オフのクーポン等がついている。ラミネートされたイレギュラーサイズのカラーDMで、クーポンには切り取り線がついている。100ドル以上の注文で店頭販売に100ドルのクレジットがつくなど大盤振る舞いとなっているが、DMから安っぽいイメージはまったくない。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。オンライン・コンサルティングで後藤は冒頭に「つかみ」から話し始めます。聴衆を一気に自分の話に引き込むため、興味深い時事ネタを紹介します。インパクトのある時事ネタでも流通とは異なることではコンサルティングに向きません。何かしら販売や流通IT等と関係している内容となります。

ここ最近はオンデマンド大麻宅配のDMを「つかみ」にしています。日本ではありえない1時間宅配サービスの紹介で、一気に話に引き込んでいきます(笑)。マリファナ市場の急成長からネットスーパーやアマゾン・エフェクト、ショッピングセンターとつなげていきます。クーポン付きのオンデマンド大麻宅配DMはよくできていて、ラミネートされたイレギュラーサイズのカラーに、クーポンには切り取り線までついています。アップスケールなイメージを見せながらDMには相当なコストがかかっているという点です。食品スーパーなど大手チェーンも将来、カーブサイド・ピックアップや宅配サービスで大麻を取り扱うという想像ができるのです。

 5年後、10年後とは言いませんが、いずれ日本もマリファナがDXを進化させるときがくるでしょうね。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  7. 7

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  8. 8

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  9. 9

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  10. 10

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。