記事
  • ロイター
  • 2021年10月04日 09:10 (配信日時 10月04日 09:07)

ベネズエラがデノミ実施、過去3年で2回目 通貨単位6桁切り下げ


[カラカス 1日 ロイター] - 南米ベネズエラは1日、ハイパーインフレに対応し、通貨ボリバルからゼロを6つ取り、100万分の1に切り下げるデノミネーション(通貨単位の切り下げ)を実施した。過去3年で2回目のデノミとなったが、経済危機の緩和にはつながらないとみられる。

企業や銀行では通貨の膨大な桁数にシステム上対応できなくなっていた。ベネズエラ財務観測所によると、前年比のインフレ率は1743%に跳ね上がっている。一方で、最低賃金は月給2.50ドルにとどまっている。

マドゥロ政権は2018年に通貨単位を5桁切り下げるデノミを実施。その10年前には故チャベス前大統領が3桁の切り下げを実施し、インフレ率を1桁に抑えると約束したが、達成できなかった。

ベネズエラ経済はドル化が進んでおり、これがデノミの効果を薄めるとみられる。ボリバルは既に、日常的な現金での買い物に使われなくなっている。

銀行のシステムはデノミに対応するため、1日早朝、計画的に停止されたが、その後は通常通り稼働している。

エコノミストのホセ・マヌエル・プエンテ氏は「ベネズエラ経済の不均衡は非常に深刻で、きょう(のデノミで)取られたゼロはすぐさま戻るだろう」と予想。「デノミはマクロ経済的には全く影響がない見通し」だとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

  3. 3

    飲食業界はコロナ禍で衰退ではなく「新陳代謝」する

    内藤忍

    10月17日 09:20

  4. 4

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  7. 7

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  8. 8

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  9. 9

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  10. 10

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。