記事

季節ごとの放送は時代遅れ? 民放の“空白期間”にNHKドラマが光る

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』でオダギリは“脚本・演出・編集を務める

 民放では番組の改編期にあたるため現在、ドラマは放送されていない。そんな“空白期間”にNHKドラマ3作品が支持を集めている。その理由とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、民放が抱える課題とともに解説する。

【写真】溝端淳平はグレー系のシャツにダークジャケットを合わせる男前なジャケットスタイルを披露

 * * *

 9月中旬から下旬にかけて夏ドラマが次々に終了し、現在は民放各局の連ドラが放送されていません。

 そんな連ドラの空白期間と言える改編期の今、注目を集めているのがNHKのドラマ。9月に放送がスタートした『古見さんは、コミュ症です。』『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』『正義の天秤』の3作がネット上の話題を集め、しかもそろって評判がいいのです。

 季節ごとに民放各局の連ドラが入れ替わる日本では、視聴者の多くがそのスケジュール感が体に染みついているもの。それ以外の期間でスタートする作品は、どうしても埋もれてしまいがちですが、なぜこれらの3作は支持されているのでしょうか。

「どんなところがどう支持されているのか」を突き詰めていくと、NHKの強みと民放各局の課題が浮かび上がってきます。

映像美とスケール感で民放を圧倒

 最も反響が大きいのは、『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』。“脚本・演出・編集 オダギリジョー”という異例の制作体制、そのオダギリジョーさんが着ぐるみをかぶって警察犬を演じる演出、大物俳優から若手女優、文化人、妻の香椎由宇さんまでそろえた豪華キャスト……いずれも話題性が高く、「笑えるサスペンス作」という異色さも含め、好意的な声が飛び交っています。

『古見さんは、コミュ症です。』は民放各局がほとんど放送しなくなった高校生たちが主役の学園ドラマ。しかも35歳の増田貴久さん、35歳の城田優さん、32歳の溝端淳平さん、31歳の大西礼芳さんら30代の俳優を多数そろえてインパクトを生み出しています。また、人と話すのが苦手で筆談しかしないヒロインを筆頭に、ヤマンバメイクで寂しさをごまかすギャル、気の弱さを隠すために強面を装う少年、潔癖症で他人にふれられない生徒会長候補など、人との距離感に悩む若者たちが一歩踏み出す姿を描く温かいストーリーも好評です。

『正義の天秤』は元医師の天才弁護士が大手法律事務所の戦力外チームを率いて難事件に挑む法廷ミステリー。弁護士が主人公の作品は民放各局でもよく見られるものの、当作はよりハードボイルドな世界観と、スタイリッシュな映像と音楽が際立っています。亀梨和也さん演じる主人公が、事件関係者の魂を救うために法廷で熱弁するシーンも好評でした。

 この3作は異なるジャンルですが、共通しているのは映像の美しさとスケール感。いずれも演出へのこだわりは特筆すべきで、カメラワーク、セット、衣裳、ロケ地、劇伴なども含めて、たっぷり時間をかけて映像の美しさを追求している様子が伝わってきます。

 また、脱力感あふれるサスペンス、高校生が主役の学園ドラマ、ハードボイルドな法廷ミステリーという作品ジャンルも、視聴率獲得が優先される民放各局が避けがちなものばかり。そのレアなジャンルに挑む姿勢は、「犬の着ぐるみ」「ヒロインがしゃべらない」などの思い切った演出にもつながっています。

空白期間はオンデマンドの時代に逆行

 一方、民放各局の連ドラは営業やキャスティングなどの事情から、「季節ごとに新たな作品を放送する」というスケジュールを続け、NHKのような帯ドラマもほとんどないため、どうしても空白期間が生まれてしまいます。

 その空白期間、寂しい思いをしているドラマ好きの視聴者たちが今、朝ドラや大河ドラマを含めて、NHKの作品を支持しているのは間違いないでしょう。加えて動画配信サービスの普及が進んで、好きな時間に海外ドラマや映画を見られるようになりました。民放各局はこのまま季節ごとの放送を横並びで続けていくだけでは、NHKや動画配信サービスに遅れを取りかねない状況なのです。

 東京オリンピックの放送を控えていた今夏は、フジテレビの『ナイト・ドクター』が通常より2~3週間早い時期にスタートして、前作『イチケイのカラス』との空白期間をなくし、視聴率・評判ともに好結果を得ました。また、以前から深夜帯では季節にとらわれず自由な時期にスタートする作品が少なくありません。つまり、「本気でやろうと思えば空白期間をなくすことができる」ということでしょう。

 もし前述したNHKの3作が民放各局の連ドラ真っ最中に放送されていたら、現在ほどの反響を得られていなかったかもしれません。テレビ番組に限らずエンタメコンテンツがオンデマンドで見られる時代になり、クチコミで視聴者数が増えるようになった今、やはり求められているのは質の高さでしょう。

 その意味で、映像の美しさやスケール感に秀でたNHKの作品が支持を集めるのは必然であり、今後は改編期以外でも注目を集める機会が増えるのではないでしょうか。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    営業禁止の地域でアダルトDVD販売 「まんだらけ禁書房」などを書類送検

    ABEMA TIMES

    10月22日 17:15

  2. 2

    橋下氏「民間のアイデアを役所が潰すな」接種証明システムに水差す総務省に苦言

    橋下徹

    10月22日 17:39

  3. 3

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  4. 4

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

  7. 7

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  8. 8

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  9. 9

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  10. 10

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。