記事
  • ロイター
  • 2021年10月01日 12:21 (配信日時 10月01日 12:15)

原油先物が軟調、OPECプラスが増産拡大との見方


[メルボルン 1日 ロイター] - 1日の原油先物は軟調。天然ガス価格の上昇で電力会社が石油への切り替えを進める中、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が供給懸念の緩和に向け増産計画を強化する可能性があるとの見方が背景。

0153GMT(日本時間午前10時53分)時点で、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.05ドル安の1バレル=74.98ドル。ただ、週間では6週連続の上昇となっている。

北海ブレント原油先物は0.07ドル(0.1%)安の78.24ドル。こちらも週間では小幅高と4週連続の上昇となっている。

OPECプラス4日の閣僚級会合を控え、増産幅拡大も視野に入れた話し合いが続いている。複数の関係者が明らかにした。原油価格が3年ぶりの高値に近づき、消費国から供給を増やすよう求める声が出ていることが背景にある。

OPECプラスは7月、毎月日量40万バレルのペースで増産し、段階的に580万バレルの協調減産を終わらせていくと合意した。

こうした中で4人の関係者は、追加的な増産が1つのシナリオとして検討されていると明かした。ただ具体的な規模やその時期は示していない。別の関係者は1カ月間だけ増産幅を80万バレルにして次の月はゼロにする方法を示唆した。

ANZリサーチのアナリストはノートで「4日の会合は来週の原油相場の方向性において重要だ。日量40万バレルを超えて増産すれば短期的に一定の安心感となるだろう」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  3. 3

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  4. 4

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

  5. 5

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  6. 6

    「今日の仕事は、楽しみですか。」"炎上→即謝罪"を歓迎するSNS社会の末路

    PRESIDENT Online

    10月19日 14:13

  7. 7

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  8. 8

    現戸籍に固執する必要性も理由もないというのが僕の持論です。- 10月19日のツイート

    橋下徹

    10月20日 10:50

  9. 9

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  10. 10

    【衆院選】投票の心構えと公約比較 安保政策で自公に距離、野党各党はエネルギー・経済財政で特色

    宇佐美典也

    10月19日 16:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。