記事

やはり自民党は変わらない

自民党の新執行部の形がこれから見えてくるのでしょう。人事は、その時のリーダーがどのような党運営、政権運営をしていこうとするのかを表します。

幹事長には甘利氏という報道を目にしました。私は驚きました。岸田氏は、自民党を「生まれ変わらせる」のではなかったのか。

甘利氏は、経済財政担当の内閣府特命大臣であった際に、「政治とカネ」の問題を指摘され、国会でも問題となりました。

その際、甘利氏は、弁護士に調査を依頼するということで、その場での説明責任を果たすことを回避しました。大臣を辞任したものの、その後国民に対して納得のいく説明があったとは思われません。

時間稼ぎをして、国民が忘れるのを待つ。安倍政権で幾度と起こってきた、不祥事、国民の疑念を招いた多くの事案への対応はどれも同じようなパターンでした。

甘利氏を、党運営の「要」である幹事長につけるということは、説明責任を果たしてこなかった安倍政権時の一連の対応を、岸田氏も良しとしているものと見ざるを得ません。

やはり自民党は変わらない。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  2. 2

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  3. 3

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  4. 4

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  5. 5

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  6. 6

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  7. 7

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

  8. 8

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  9. 9

    眞子さんはNY生活を謳歌中だが…記者会見で「不快感」を隠さなかった秋篠宮さまの胸の内

    PRESIDENT Online

    12月02日 15:41

  10. 10

    あえて結婚しない20~30代たち「誰かと生活することが考えられない」「仕事で疲れ果ててる」

    キャリコネニュース

    12月02日 14:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。