記事
  • ロイター
  • 2021年10月01日 06:56 (配信日時 10月02日 05:35)

北朝鮮、新型対空ミサイル実験を昨日実施=KCNA


[ソウル 1日 ロイター] - 朝鮮中央通信(KCNA)は1日、北朝鮮が9月30日に新たに開発した対空ミサイルの発射実験を実施したと伝えた。

発射実験は、兵器開発機関である国防科学院が実施。ミサイル発射装置やレーダー、総合戦闘指揮車の実用的な機能と戦闘性能を確認する目的で行われたという。今回のミサイルには二舵操縦技術などの新技術を採用したことも明らかにした。

実験には朝鮮労働党政治局常務委員で党書記の朴正天氏が立ち、金正恩総書記は立ち会わなかったとみられる。

KCNAによると、国防科学院は今回の実験について「ミサイル制御システムの機動性と誘導の正確さ、空中標的撃墜距離の大幅な向上という新型対空ミサイルの優れた戦闘性能が証明された」との認識を示した。

韓国軍は、KCNAの報道内容を確かめるには詳細な分析が必要だとした。

北朝鮮の兵器実験が伝えられるのは今週2度目。同国が精密兵器の開発を着実に進める中、米国は非核化協議再開を呼び掛けているが、北朝鮮は米国に「敵視政策」の放棄を要求し、膠着状態が続いている。

KCNAの30日の報道によると、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党総書記は国会に当たる最高人民会議の演説で、10月から南北ホットライン(直通電話回線)を復活させることに前向きな姿勢を示した一方、北朝鮮に対する「敵視政策」を変えずに対話を提案しているとして米国を非難した。

韓国統一省は1日、北朝鮮が南北ホットラインでの呼び掛けに応答しなかったと明らかにしたが、ホットラインと対話の再開に向けて努力を継続する考えを示した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日、軍の創設記念日に合わせて行った演説で、北朝鮮には言及しなかったが、生命を脅かす行為には厳格に対応しつつ、恒久平和の構築にコミットすると表明した。

ホワイトハウスのサキ報道官は「北朝鮮との話し合いに向けて具体的な提案をしたが、これまでに回答は得られていない。われわれは引き続き、あらゆる問題について議論する用意がある」と述べた。その上で、ミサイル実験の特質を検証しているとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  3. 3

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  6. 6

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  7. 7

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  8. 8

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  9. 9

    英でコロナ感染再拡大、1日当たり感染者が7月半ば以来最多

    ロイター

    10月19日 09:41

  10. 10

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。