記事
  • ロイター
  • 2021年09月30日 17:25 (配信日時 09月30日 17:21)

気候関連金融リスクの把握・管理、金融機関の取り組み後押し=黒田日銀総裁


[東京 30日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は30日、全国証券大会に寄せたビデオメッセージで、気候変動問題は「持続可能な開発目標」(SDGs)の一つであり、日銀は、気候関連金融リスクの把握や管理に関する金融機関の取り組みを積極的に後押ししていくと述べた。中銀として、調査研究や国際的な議論に参加し、グローバルな気候変動に関する取り組みの進展に貢献していくとした。

黒田総裁は、金融資本市場で気候変動に対応した取り組みを対象としたグリーン・ボンドの発行額が増加しており、情報開示などの制度面の充実を図りながら、新たな市場の健全な成長を促していくことが重要だと述べた。

一方、国内の景気については「基調としては持ち直している」と指摘した。新型コロナウイルスの影響で飲食や宿泊といった対面型サービスには引き続き強い下押し圧力がかかっているものの、企業部門における所得から支出への前向きの循環メカニズムが、経済全体の改善を支えていると述べた。

経済の先行きについては、新型コロナウイルス感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで、回復傾向が明確になっていくとの見方を示した。個人消費は、ワクチン接種が一段と進み、感染抑制と消費活動の両立が容易になってくれば、ペントアップ需要に支えられて持ち直していくとした。ただ、回復のタイミングやペースは、感染症の動向次第で引き続き不透明感が強いと述べた。

金融政策運営では、感染症の影響への対応が引き続き重要だと述べた。企業の資金繰りをしっかり支えるとともに、必要と判断すれば躊躇(ちゅうちょ)なく追加緩和を講じる考えを改めて示した。

消費者物価は、現在の見通し期間終盤である2023年度に、1%程度まで上昇率が高まるとみているが、「物価安定の目標」である2%には「なお距離が残る姿を見込んでいる」と語った。目標実現に向け、強力な金融緩和を粘り強く続けていくとした。

(杉山健太郎)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  6. 6

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  7. 7

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  8. 8

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  9. 9

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  10. 10

    立憲民主党・福山哲郎幹事長「岸田総理がブレだしたので、やりやすくなった」

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。