記事
  • ロイター
  • 2021年09月30日 12:26 (配信日時 09月30日 12:23)

米民主、党内でも対立鮮明 バイデン氏政策目標に頓挫リスク


[ワシントン 29日 ロイター] - 米議会が30日に政府閉鎖回避に向けたつなぎ予算の採決を行うとみられる中、1兆ドル規模のインフラ投資法案と3兆5000億ドルの気候変動対策・社会保障関連歳出案について民主党の進歩派と穏健派の立場の違いが鮮明となっており、バイデン政権の主要な政策目標が頓挫するリスクが浮上している。

進歩派と穏健派は約4兆ドルの財政支出の内容について意見が対立しており、ホワイトハウスのサキ報道官は「危うい状況で、重要な時期に来ているのは明白だ」との見方を示した。

バイデン氏はこの日、議会との交渉を主導するため、シカゴを訪れる予定をキャンセルした。

議会は現行予算が30日深夜に失効するのを前に、12月上旬までのつなぎ予算の採決を行う見通し。

上院民主党トップのシューマー院内総務は、下院に時間的猶予を残すため、つなぎ予算の採決を30日午前に設定した。

下院は同日に1兆ドルのインフラ投資法案の採決も行う見込みだが、民主党指導部の一部は、再び延期される可能性があると明らかにした。延期されれば党穏健派の失望を買う可能性がある。

党穏健派のステファニー・マーフィー下院議員は記者団に、インフラ投資法案を30日に可決できなければ、バイデン大統領の政策課題実現に向けた勢いが鈍るだろうと予想した。

しかし、下院の進歩派は気候変動対策・社会保障関連の歳出法案で合意がまとまるまでは、インフラ投資計画に反対票を投じる構えを示しており、採決が行われる保証はない。

下院民主党のダン・キルディー院内副幹事は記者団に、可決に必要な賛成票が確保されている場合のみ、30日に採決を行うことになると強調した。

一方で下院は、連邦政府の債務上限を2022年12月まで適用停止にする法案を29日に可決した。上院に送付されるが、共和党によって再び可決が阻止されるとみられる。

ゴールドマン・サックスは今月、過去10年の債務上限を巡る議会の膠着の中でも、今回は最も大きなリスクをはらんでいると指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

  9. 9

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  10. 10

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。