記事

自民党岸田新総裁誕生と私の1年間の戦い

1/2

岸田自民党新総裁が誕生しました。

間近で支えてきた者として、壇上で新総裁としてスピーチをする岸田さんの姿を見て、嬉しく、そして誇らしい気持ちで、涙が出ました。
そして、今日から新しい国づくりが始まると思うと胸が熱くなります。

岸田さんの出馬表明から1ヶ月、厳しい選挙戦でした。
チーム岸田の一員として、全国の党員の皆さん、全国組織の皆さん、そして党本部の事務局の皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。また、インターネット等を通して応援してくださった国民の皆さん、本当にありがとうございました。大変励みになりました。

私自身の戦いは、1年前から始まっていました。
昨年8月、当時の安倍総理が辞意を表明された後、その次期総裁選挙は、全国の国民と協力してこの国難を乗り切って行くためのリーダー選びであり、広く信任を得る必要がある — 当時の青年局長として、多くの仲間とともに、全国の党員投票をともなった総裁選を実施すべきだと強く主張しました。結果は、ご存知の通り、「フルスペックの総裁選」を行わず、両院議員総会で選出することになり、各都道府県に割り当てられる3票は、予備選(党員投票)を実施できるように取り付けたのが精一杯でした。力不足でした。 あの時のどうしようもなく悔しい思いを、この1年、持ち続けてきました。

署名に賛同した多くの党員、国会議員にも申し訳なく、当時の自分の立場で、そのできない理由を論破することが出来なかったことも悔しくてたまりませんでした。必ず自民党改革を成し遂げる、強い想いを持ってきました。

今回は、任期満了にあたりフルスペックの総裁選が前提でしたが、その当時、場合によっては、総裁選を延期し、衆議院を先に解散する可能性がありました。そうなると、自民党、むしろ政治自体が国民の皆さんから見放されてしまうのではないかという強い危機感を持っていました。それだけは避けなければならない— 多くの仲間とともに、正しく総裁選が開催されるよう、強い意思を持って動いていました。国民の声を聞き、その声をかたちにするためには、多様な人材が国民に開かれた場で幅広く議論し、考えを共有する必要がある。そして、その考えを共有した上で、皆で問題を解決していく政治にしたいという思いでした。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  9. 9

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  10. 10

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。