記事
  • ロイター
  • 2021年09月30日 02:10 (配信日時 09月30日 04:51)

日本経済、今年末もしくは来年初にコロナ禍前の水準回復=日銀総裁


[東京 30日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は欧州中央銀行(ECB)がオンライン形式で主催した金融シンポジウム「ECBフォーラム」で、日本経済の回復は継続し、今年末もしくは来年初には新型コロナウイルス感染拡大前の水準を回復するとの見方を示した。

ただ消費が低迷し、インフレ率が目標の2%を大きく下回っているため、新政権の政策にかかわらず、日銀は大規模な景気刺激策を維持すると表明。「新たな政府が財政面、規制面などでどのような政策を追求するにせよ、日銀は2%の物価安定目標を可能な限り早期に実現するために極めて緩和的な金融政策を維持する」とし、「これがわれわれの責務であり、変わることはないだろう」と述べた。

黒田総裁は、これまで軟調だった消費は徐々に上向いていくと予想。ワクチン接種の着実な進展やパンデミックに対応するための緊急的な抑制措置の解除が今後数カ月の消費回復につながる可能性が高いとした。

また、企業部門も「堅調な状態」にあり、これが設備投資の増加につながったとし、供給面でのボトルネックが日本の製造業の生産に打撃を与えるとの懸念を払拭。パンデミックによって引き起こされたアジアの工場の操業停止は一時的なものであり、今後数カ月のうちに回復する可能性が高いとした。

黒田総裁は「今後数年間で2%の物価安定目標を達成しなければならない。しかし、現時点では経済回復と成長加速(の達成)が最も重要な課題だ」とした。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

  3. 3

    飲食業界はコロナ禍で衰退ではなく「新陳代謝」する

    内藤忍

    10月17日 09:20

  4. 4

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  7. 7

    「人気アイスは64円」急成長のシャトレーゼを待ち受ける3つのリスク

    PRESIDENT Online

    10月16日 15:51

  8. 8

    甘利さんにあまりエールを送りたくはないが、この選挙区調整は芸術的ですらある

    早川忠孝

    10月16日 17:23

  9. 9

    新型コロナワクチン接種完了から“8カ月後も重症化防ぐ”有効性を確認 米研究

    ABEMA TIMES

    10月16日 15:32

  10. 10

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。