記事
  • ロイター
  • 2021年09月30日 00:10 (配信日時 09月30日 09:26)

G7財務相会合、国際課税巡る合意に向け進展


[東京/ロンドン/パリ 29日 ロイター] - 今年の主要7カ国(G7)議長国を務める英国の財務省は29日、この日オンライン形式で開催した財務相会合で国際的な法人税率を巡り、合意に向けた進展があったと発表した。

G7財務相は6月上旬、アマゾン・ドット・コムやグーグル、フェイスブックといった巨大な多国籍企業への課税を強化するため、各国共通の最低法人税率を15%以上とすることで合意した。

来週には、長年にわたり税制改革を推進してきた経済協力開発機構(OECD)が会合を開き、協議に参加する139カ国の間で合意を目指す。

英国のスナク財務相は、この日の会合について、歴史的な国際税制改革を実施し、公正な法人課税を確実にするためのG7の継続的な野心と協力が示されたと述べた。

また、英財務省の報道官は、国際課税に関する来週のOECDと20カ国・地域(G20)の会合を前に、G7財務相が「いくつかの重要な残された問題について、共通の理解を得た」と指摘。米財務省も同様の声明を発表した。

フランスのルメール経済・財務相も、国際的な法人課税改革の重要部分で多くの進展が見られたとの認識を示した。会合後、「来週に重要な合意に達する機会を逃さないようにしよう」と語った。

麻生太郎財務相も、国際的な法人税改革を巡り協議し、一部の分野への国際的な課税に関しいくつかの点で合意が得られたと述べた。

これまでの議論では、巨大な多国籍企業に具体的にどのように課税するかが争点となってきた。米国はハイテク企業からの税収が米本社ではなく欧州に流れることを懸念している。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の議長としてG7会合に出席したアイルランドのドナフー財務相は、OECDが数日中に最新の提案を示す見込みだと述べた。「来週は、何年も前から進められてきた交渉の正念場であり、来週末までに合意が可能かどうか分かるだろう」と語った。

法人税率が12.5%のアイルランドはこれまでのところOECDの提案に合意していない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  3. 3

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  6. 6

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  7. 7

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  8. 8

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  9. 9

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

  10. 10

    英でコロナ感染再拡大、1日当たり感染者が7月半ば以来最多

    ロイター

    10月19日 09:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。