記事

【談話】自民党岸田新総裁誕生に際して

社会民主党 幹事長 服部良一

 自民党の新しい総裁に岸田文雄氏が選ばれた。9月3日菅総理の突然の総裁選不出馬、事実上の退陣表明があり、17日の公示日以来候補者4名で総裁選が行われた。いずれも安倍―菅政権を支えてきた者たちであり、所詮自民党内の「コップの嵐」であるにもかかわらず、あたかも安倍―菅政権をリセットしたかの様相でマスコミ報道を独占し、まるで次世代の日本の指導者を選ぶ選挙であるかのような演出であった。与党は、社民・立憲・共産・国民の野党4党の要求を無視し、臨時国会を召集し与野党で論戦を繰り広げることを避け、日本国憲法53条違反を続けてきた。一方で、総裁選での政策論議や人物評価に国民の関心を引き付け、疑似的な「政権交代」の演出にひた走った。そこには差し迫った新型コロナ対策はもちろん、森友・加計学園、桜を見る会、河合夫妻をめぐる疑惑の解明や日本学術会議任命拒否問題、東京オリンピック・パラリンピックのおける膨大な無駄使い、アフガン撤退問題など国内外に山積する問題への言及はない。政権に都合の悪いことはこの際忘れてくれと言わんばかりである。

 10月4日には遅まきながら臨時国会が召集され首班指名投票がある。岸田新総裁が首相に就任したとしても自民党政治は変わらない。被爆地広島県を選挙区としながら核兵器禁止条約の批准・調印に言及せず、敵基地攻撃論や台湾有事への安保法制(戦争法)の適用、そして憲法改悪に突き進む与党総裁に日本の将来をゆだねる訳にはいかない。

 社会民主党をはじめとする立憲野党は衆院選の勝利に向け政策の対抗軸をあらためて鮮明にし、小選挙区における候補者の一本化と共闘の強化を進めていかなければならない。「生存のための政権交代」―まさに社民党はじめ立憲野党の今日的な責務である。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  4. 4

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

  9. 9

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  10. 10

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。