記事

「第5波」で陽性者が急激に減った理由を尾身茂さんやパンツ北村さんに代わって書いてみます

「マスクはパンツ」の名言で知られる北村義浩医師の快進撃が止まりません。さらに、「マスクはワクチン」という名言も生んだため、ネット上では「じゃあ、パンツもワクチンか?」といったツッコミまでされてきました。そして、大木隆生医師は、9月28日の『羽鳥慎一モーニングショー』での北村氏の発言をツイッターで紹介。北村氏は、「人々がマスクをピタッと着用するようになった事と非高齢者にワクチンが普及し始めたからと説明.先週はワクチンのお蔭ではない,と断言していたのに」と述べています。

そして、「世界規模で同時期に感染の山が襲来した理由は,年末はクリスマス6月は卒業シーズンで人流が増えそれが日本に忍び込んだからと」と発言。これに対し、大木氏は「はぁ,,,後出しジャンケンの極み,苦しすぎる釈明.一言,[新コロ流行は季節性で人流抑制/自粛要請は無縁だった,ゴメン]と言えばいいのに.専門家の発言で有益だったものはほぼゼロ。一方,有害なものは山ほどある.もう根拠のない発言はしないで」と」感想を述べました。

そして、政府分科会会長の尾身茂氏は同日の会見で、陽性者が激減した5つの理由を語りました。THE PAGEの「“第5波”はなぜ急激に減少したのか 尾身会長が語った5つの要素」ではこう述べています。

(1)一般市民の感染対策強化(2)人流、特に夜間の滞留人口減少(3)ワクチン接種率の向上(4)医療機関・高齢者施設での感染者の減少(5)気象の要因

そして、先日の私のブログで書きましたが、松本哲哉氏の分析は以下の通り。

ワクチン接種ももちろんかなりある程度のところにいきましたけど、急激に減りましたよね。これはやっぱり、多くの人がこのタイミングで感染すると自宅療養になる、場合によっては悪化しても入院できなくなる、と自覚し、危機感を持って多くの人が行動変容起こったと考えられます。そういう意味では、人の行動が、多くの人が努力することによって、感染者数が減ることに繋がったと思います

ここから読み取れる要素は「ワクチン接種率が高まった」「人々が危機感を持った」「危機感を持つことにより人々が努力をした」の3つです。

尾身氏、北村氏、松本氏の第5波の陽性者が減った理由について今一度箇条書きにしてみます。

①ワクチン接種が進んだこと(北村・尾身・松本)

②人流減少(尾身)

③一般市民の感染対策強化(尾身・松本)

④努力(松本)

⑤医療機関・高齢者施設での感染者の減少(尾身)

⑥気象要因(尾身)

⑦マスクをピタッとするようになった(北村)

尾身氏は持論である「人流を減らす」を撤回しませんでした。一方、松本氏は9月12日に出演した「サンデーモーニング」で人流が減っていないのに陽性者が減ったことを「不自然」と述べ、「人流を減らすと陽性者が減る」という仮説から若干脱却したように見えました。

結局、人流、影響しないんですよ。緊急事態宣言を断った奈良県と東京のデータを比較したブログで答えは出ています。同氏は5月にも緊急事態宣言に効果がないことを示しており、なぜ人流にそこまでこだわるのか疑問を呈しています。

大した効果がないのなら、人流をとめるなどといった費用対効果が悪すぎる対策は即刻やめて、死ななくてもよい命、将来ある命を救っていただきたいと思います

そして、3氏の分析について私が思うこと。

①ワクチン接種が進んだこと(北村・尾身・松本)

→ワクチンに感染防止効果はなかったのでは? イスラエルは3回打っても陽性者激増。本来「発症・重症化防止」だったのでは?

②人流減少・特に夜間(尾身)

→第5波ではそもそもの人流が少ない地方でも激増したし、人流は減ったとは言えないのでは。あと、COVID-19は朝と昼は眠っていて、夜になると元気になるの?

③一般市民の感染対策強化(尾身・松本)

→いや、もう完全に「緊急事態ごっこ」であることを人々は見抜いている。

④努力(松本)

→③と同様。努力なんてしていない。ただ、周囲の目を気にしているのとお上から決められたことに従っているだけ。あとは、この状況が快適な層が一定の割合で存在するため、緊急事態宣言が終わってほしくない。

⑤医療機関・高齢者施設での感染者の減少(尾身)

→そりゃあそうだが、当たり前過ぎるのでは?

⑥気象要因(尾身)

→具体的にどんなことかが書かれていないので分析不可。

⑦マスクをピタッとするようになった(北村)

→………………。

一方、大木氏の分析も再び見てみましょう。

コロ流行は季節性で人流抑制/自粛要請は無縁だった,ゴメン

こちらの方が納得できます。それでは、私の減少の分析を。「お前みたいな素人が勝手なこと言うな!」なんて言わないでください。別に、新型コロナの専門家なんていないんですよ。感染症の専門家はいますが、なんで2019年以前にはなかったものの専門家がいるんですか? そして、専門家が述べてきたことってことごとく外れてきたじゃないですか。

①ピークに達したら後は落ちるだけ。これまでも常にそうだった

②だからまた波が来る。次は多分11月か12月

③もう、よく分からない。COVID-19は自然現象のため、人間がどうにかできる代物ではない

これだけじゃないでしょうか。少なくとも

マスクをピタッとするようになった(北村)

よりはまともな分析だと思います。北村氏は「マスクの装着度合い調査」でもやったのでしょうか? 是非とも次回『モーニングショー』に出た時はそのデータを見せていただきたいですね。あと、ウレタンマスクしている人、相当多いので!

※補足:
②だからまた波が来る。次は多分11月か12月部分、元々は「またピークが来る」でしたが、流れで「ピーク」と書いてしまいましたが、実際は「波」なので修正しました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

  10. 10

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。