記事
  • ロイター
  • 2021年09月29日 12:55 (配信日時 09月29日 12:53)

情報BOX:米国株急落、S&P銘柄の半数が「調整」の領域


[28日 ロイター] - 米ニューヨーク株式市場は28日、長期金利の上昇とインフレ懸念を背景にリスクを避ける心理が広がり、全面安となった。

相場急落を巡る主な事象をまとめた。

*投資家がインフレ懸念を強めたのに加え、米連邦準備理事会(FRB)が先週、資産買い入れの縮小(テーパリング)と利上げについて示唆したことで、米10年物国債指標銘柄の利回りは一時1.567%と、6月半ば以来の水準に上昇した。

*28日午後の時点で米S&P総合500種株価指数の構成銘柄の半分が、過去52週間の高値から10%以上下げ、「調整」の定義を満たした。うち60以上の銘柄は下落率が20%を超えている。

*9月初めからのS&P500種の下落率は3.6%。9月はあと2日残っているが、現時点では昨年9月に3.9%下げて以来、最も大きな月間下落率となっている。

*ナスダック指数は7日に付けた終値ベースの最高値から5.1%下落。これは最高値(終値)からの下落率として5月以来で最も大きい。

*成長株は特に金利上昇の影響を受けやすいため、セクター別で28日に下げ率が最も大きかったのはS&P500種の情報技術指数だった。同指数は前日比2.5%下げ、S&P500種総合指数と同じく年初来の上昇率が16%に縮小した。

*米国株は足もとで荒れているが、年初来で見るとボラティリティ(変動率)はかなり落ち着いており、S&P500種が1%以上上昇、もしくは下落した日は37日にとどまっている。昨年1年間ではこうした日が109日あった。昨年はS&P500が急落後に持ち直し、過去最短の弱気相場を記録した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  4. 4

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  7. 7

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  8. 8

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

  9. 9

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  10. 10

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。