記事

HIKAKINの責任感と継続力 他者の不祥事で「株が上がる」構図も

チャンネル登録者数1000万人を突破した(YouTubeより)

  YouTuber・HIKAKIN(32)のチャンネル登録者数が1000万人を突破した。開設から10周年にして偉業を達成した彼は、なぜファンに愛され続け、そして新たなファンを獲得し続けてきたのだろうか。

 1000万人を突破したのは、2011年に開設したYouTubeチャンネル「Hikakin TV」。それ以前から別のチャンネルでYouTuberとして活動し、2013年にはゲーム実況に特化した「HikakinGames」やビデオブログ用の「HikakinBlog」なども開設しているが、その中でも「Hikakin TV」はメインと言えるアクセス数を誇るチャンネルだ。

 まだ世間でYouTuberという職業が浸透していない頃から活動を始めたHIKAKINは、今では計4チャンネルを運営、総再生数は100億回以上にもなる。まさにYouTuberの代表格と言っていい存在。国内での先駆者でありトップを走り続ける現役選手であるとも言える。

 この10年、さまざまなYouTuberが登場するようになった。しかし、知らぬ間にフェードアウトする者や、炎上騒動を巻き起こして自滅する者もいる。そうした中、なぜHIKAKINの人気は上昇し続けているのだろうか。ソーシャルメディアの動画マーケティングに詳しい、シンクタンク・電通メディアイノベーションラボの天野彬・主任研究員はこう分析する。

「『HikakinTV』を開設してから10年間ずっと続けてきた、継続の力がまずはとても大きいと思います。一時期人気を博してもフェードアウトしてしまったり、バズる動画を1本か2本作ってネタが底をついてしまったりする人も多い中で、HIKAKINさんは常にヒットを打ち続けている。そこには企画の面白さだけでなく彼の人柄にも魅力があるはずで、視聴者がつい応援したくなる気持ちを抱いてしまうようなキャラクターなんですね。

 YouTubeの世界は継続の力がそのまま有利に働く側面もあります。今ではYouTuberとして活動する人も増えて競争がどんどん激しくなっていますが、その中で動画のストックが大量にあるということはそれだけでメリットなんです。『HikakinTV』の動画は約3000本ありますよね。その分、オススメの動画に出てきたり、検索した時にキーワードに引っかかったりする機会も増えるので、輪をかけてHIKAKINさんに注目が集まることになります。

 それに、今はどれだけ人気を博していても、何か不祥事を起こして世の中から批判の矛先を向けられると、あっという間に失脚してしまうような時代です。特にYouTuberは新しい職業でもあるので、イメージが悪くなると一斉に叩かれてしまうことが多い。そうした中でHIKAKINさんは、ネット上で“聖人=セイント”と呼ばれているように、道を外れたことを絶対にしない。

 おそらくHIKAKINさん自身、YouTuberの社会的なポジションを向上させたいと考えていらっしゃるのでしょう。今やYouTuberのマネジメント事務所の代表格として知られるUUUMのファウンダーの一人でいまなお最高顧問のポジションにあります。ある種の大黒柱として責務を全うしようという熱意も感じます。実際に、新型コロナウイルス対策をめぐって小池都知事と対談する動画を出したり、災害への慈善活動を行ったり、社会的責任を担う活動をされていますよね。1000万人突破後の動画でも、今後は登録者がひとり増えるごとに10円を一生募金し続けることを発表していました。そのように時間をかけて信頼感を醸成しているからこそ、他のYouTuberが問題を起こすたびに相対的に株が上がるという構図も出来上がっているのです」

小学生からの人気が絶大

 HIKAKINといえば子供からの人気が高いことでも知られている。小学生向け動画制作教室を運営するFULMA株式会社の調査によれば、2018年から2020年にかけてHIKAKINは『小学生が選んだ好きなYouTuberランキング』で3年連続1位に君臨。2位以下と大きく引き離した投票数を獲得したという。そして天野氏によれば、こうした“子供人気”もHIKAKINがファン数を伸ばし続ける理由と関わっているようだ。

「もともと日本の中で登録者数1000万人を突破していたYouTubeチャンネルは『キッズライン Kids Line』をはじめとするキッズ系が先んじていたんですね。そういう意味ではYouTubeと子供は親和性が高い。見方を変えると、親として子供にどんなYouTube動画を見せるべきか、という問題になってきます。テレビがどんどん浄化されていく一方で、YouTubeには炎上系や迷惑系のような尖った企画もたくさんあります。その中でHIKAKINさんのように安心して見せられるというのは非常に重要な資質になります。

 しかもHIKAKINさんの動画では、子供とコラボレーションすることも多い。そういう点でも視聴した子供にポジティブな影響を与えるでしょうし、安心感や安定感があるからこそ、親御さんからの評価も他のYouTuberとは違ってくる。

 HIKAKINさんの安心感や安定感は、タイアップする企業にとっても重要で、不祥事や炎上のリスクがないということ自体がマーケティング的にはポイントになってきます。最近も国民的コンテンツと言っていいワンピースとコラボしていました。いろいろな企業とコラボレートすることで双方にメリットがありますし、コンテンツビジネスにとっては、インターネット上での話題をポジティブに広げる時にHIKAKINさんを頼るようになっているんだと思います」

 インターネットの世界における、HIKAKINの突出した安心感と安定感。それはコンプライアンスを重視するテレビ的なものをインターネットの世界で体現しているとも言えるのだろうか。この点について天野氏はこう語る。

「HIKAKINさんはテレビとインターネットのいいとこ取りをしているとも言えそうです。昔のインターネットにはアンダーグランドな香りがあって、過激なことでも個人で発信できるカルチャーがあったわけですが、HIKAKINさんはそれとは対極ですよね。穏健派とも言えますが、HIKAKINさんのキャラクターや動画の作り方には、テレビのようにマスに届けるための情報のフィルター、コンテンツのトンマナ(トーン&マナー。様式の一貫性)と近いものがあります。

 一方ではYouTuberならではの良さもあります。個の世界観を作り、HIKAINさんが直接語りかけているような“One to One”を思わせるコンテンツを作っていて、それはカメラワークからも窺えます。そうしたテレビ的なものとインターネット的なものの両方の良さを活かしているというところもHIKAKINさんの魅力の1つと言えるのではないでしょうか」

 HIKAKINは10年前からYouTuberの社会的地位の向上を目指して奮闘し続けてきた。つまるところ、この責任感と継続力そのものが、彼自身の大きな強みでもあるのだろう。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

あわせて読みたい

「HIKAKIN(ヒカキン)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  9. 9

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  10. 10

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。