記事

今回の自民党総裁選は、決してただの表紙の付け替えではなさそうだ

ただの表紙の付け替えには意味がない、などと仰る方がおられるが、自民党の総裁選に立候補されている4人の候補者を見ると、とても表紙の付け替えを策しているようには見えない。

最も有力視されている岸田さんは、役員任期の制限と若手の登用を公約にされているから、自民党役員人事も閣僚等の人事も従前の派閥のバランスを考慮した実質派閥主導型のものから大幅に変わるだろうし、年金改革問題や原発問題にあえて言及した河野氏が自民党の総裁に選出されれば、旧来の派閥を飛び越した一本釣りで当の役員や閣僚人事を敢行してしまうだろうから、自民党の刷新感は途轍もないものになる可能性が高い。
高市さんや野田さんの場合も然り。

自民党に激震が走ることは間違いないから、野党の皆さんが言うように、ただの表紙の付け替えには留まらない大改革が始まることは必至である。

大きな歯車が既に回り始めているのだから、少々の力ではこの回転を止めることは出来ない。

今回の自民党総裁選で、自民党に亀裂が生じることもないではないので、いずれにしても29日の総裁選投票日には注目されていた方がいい。

さて、どういう結果になるか。

あわせて読みたい

「衆院選2021」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  3. 3

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  4. 4

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

  5. 5

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  6. 6

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  7. 7

    【映画感想】007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

    fujipon

    10月20日 12:16

  8. 8

    LINEの個人情報不適切管理問題-経済安保とコンプライアンス経営

    山口利昭

    10月20日 14:12

  9. 9

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  10. 10

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。