記事
  • ロイター
  • 2021年09月24日 18:25 (配信日時 09月24日 18:23)

世界粗鋼生産、8月は前年比-1.4% 約1年ぶりの減少

[ロンドン 23日 ロイター] - 世界鉄鋼協会(WSA)が23日に公表した統計によると、8月の世界粗鋼生産は前年同月比1.4%減の1億5680万トンとなった。減少は2020年7月以来。最大の生産国である中国の当局が汚染対策を進める中、向こう数カ月はさらに減少する公算が大きい。

中国の生産は13.2%減の8320万トンだった。

キャピタル・エコノミクスのチーフコモディティーエコノミスト、キャロライン・ベイン氏は「中国当局が積極的に生産減を推進しているのを考慮すると、今後数カ月のさらなる減少が見込まれる。しかし、中国当局がそれを維持できるかどうかはまだ分からない。特に価格が上昇したり、不足が顕在化し始めたりすればなおさらだ」と述べた。

中国生態環境省は16日、2021年の冬季大気汚染対策キャンペーンについて、対象都市を拡大する方針を示した。中国では22年2月に北京および隣接する張家口市で冬季五輪が開かれる。

その他の国では生産が増加。力強い鉄鋼価格や堅調な需要で利益が押し上げられた。

日本の8月鉄鋼生産は前年同月比22.9%増。米国は26.8%増、インドは8.2%増だった。

ベイン氏は「伝えられているところによると、インドは中国の鉄鋼輸出縮小に向けた取り組みで恩恵を受けている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  6. 6

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  7. 7

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  8. 8

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。