記事

「レイプされても堕胎できない」アメリカで奇怪な中絶禁止法が合法になってしまう"やるせない理由"

1/2

アメリカ南部のテキサス州で、原則的に妊娠6週目以降の人工妊娠中絶を禁じる州法が発効し、全世界で波紋を広げている。NY在住ジャーナリストの肥田美佐子氏は「トランプ前大統領の誕生以降、共和党は政治的アプローチを変えた。今回の中絶問題も次の大統領選を見据えた共和党の戦略との見方がある」という――。

2021年9搈4日、アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアで、テキサス州の法律が中絶を禁止したことに抗議する人々が集まっている2021年9月4日、アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエアで、テキサス州の法律が中絶を禁止したことに抗議する人々が集まっている - 写真=AA/時事通信フォト

テキサス州で妊娠6週目以降の中絶を禁ずる州法が成立

大半の国民が人工妊娠中絶を支持するアメリカで、南部のテキサスやミシシッピなど、共和党の知事が治める州を中心に反中絶の動きが加速している。1973年、連邦最高裁判所が妊娠約24週目までの中絶を合法とした「ロー対ウェイド判決」から半世紀近く――。今、その歴史的判例が、21世紀の連邦最高裁によって覆される危機に見舞われている。

その背景にあるのが、2024年の米大統領選挙をにらんだ党派政治と「トランプ・エフェクト(効果)」だ。

中絶を幇助した人を訴え勝てば1万ドルの報奨金

9月1日、共和党の牙城であるテキサス州で、性的暴行や近親相姦による妊娠も含め、妊娠6週目以降の人工妊娠中絶をほぼ全面的に禁ずる厳格な法律が発効した。同州のグレッグ・アボット知事が右傾化を強める中、次期大統領選共和党指名候補争いへの出馬をにらんでのことではないかという見方が浮上している。

この州法は、中絶手術・中絶薬の処方を行った医師をはじめ、中絶を幇助(ほうじょ)した一般市民を別の一般市民が訴えるもの。勝てば、1万ドルの報奨金を手にできる。通常、原告側に求められる賃金損失や精神的苦痛などの「損害」を証明する必要もなく、誰もが訴訟を起こせる点が特徴だ。

中絶問題の第一人者で、『Abortion and the Law in America: A Legal History, Roe v. Wade to the Present』(未邦訳 『中絶とアメリカの法律――法制史 ロー対ウェイド判決から現在まで』)の著者でもあるフロリダ州立大学ロースクールのメアリー・ジーグラー教授によれば、同法は、州が一般市民に監視や訴訟を「アウトソース(外注)する」ことで中絶の権利を制限する独特な手法を取っている点が特徴だ。

州が直接関与するわけではないため、州には「sovereign immunity」(主権免除・主権免責特権)の原則が適用される可能性があり、法廷で同法の合憲性を問うのが難しい。

「こうした手法が『青写真』として、言論や信仰、投票など、他の憲法上の権利にも応用されるのではないかという憶測が流れている」と、ジーグラー教授は警鐘を鳴らす。加速する中絶反対の動きには「政治と宗教が絡み合っている」(同教授)。

米モンマス大学が9月20日に発表した最新の全米世論調査では、州政府の代わりに一般市民が訴訟を起こし、法の執行者となることに反対する米国人が7割に上っている。1万ドルの報奨金に反対する人は81%だ。

「中絶の賛否は政治スタンスの違いが影響」

そもそも、アメリカで中絶が国家を二分する社会問題となったのは、「ロー対ウェイド判決」に対し、カトリック教徒の中でも避妊や中絶を認めない保守派と、聖書を厳格に守る保守派プロテスタントのキリスト教福音派が猛反発したことにさかのぼる。

だが、ジーグラー教授によると、米国人の中絶に対する立場には宗教よりも政治的スタンスが大きく関わっているという。民主党のバイデン氏は歴代大統領の中で数少ないカトリック教徒だが、中絶に賛成している。共和党のトランプ前大統領は信仰心の薄さを指摘されていたが、中絶反対派だった。

一方、テキサスの州法をめぐる闘いは、もう始まっている。9月20日夕方(日本時間21日早朝)に飛び込んできたワシントン・ポスト紙の速報によれば、南部アーカンソー州の元弁護士が、中絶を行ったテキサス州の男性医師を提訴。

この新法の「合憲性を試す初のテスト」(同紙)となる。男性医師は中絶を「基本的権利」とみなす一方で、州法を「明らかに違憲」だとし、法廷闘争を覚悟のうえで医師としての務めを果たしたという。

トランプ政権の影響で連邦最高裁が右傾化

ひるがえって権利擁護団体が同法に対して行った差し止め請求をめぐり、連邦最高裁が9月1日に下した判決は「ノー」だった。合憲性に関する判断は避けつつ、9人の最高裁判事のうち5人が施行にゴーサインを出した。

実はこの9人のうち、トランプ政権下で任命された判事は3人おり、いずれも保守派だ。その結果、現在の最高裁は、判事9人のうちリベラル派がわずか3人という、右傾化が際立つ状況になっている。今回の判断にトランプ前大統領の影響が色濃く反映されているのは言うまでもない。

ワシントンDCにある米国搀高裁判所※写真はイメージです - 写真=iStock.com/dkfielding

トランプの影響で共和党が中絶を政治問題化

トランプ前大統領が中絶問題に及ぼした影響は、最高裁の右傾化にとどまらない。共和党が同氏の戦略を踏襲し、政治的アプローチ法を変えたことも、その一つだ。

以前の共和党は平均的な有権者に配慮していたが、トランプ氏が自らの岩盤支持層にターゲットを絞り、熱狂的な人気を博したことで、戦略を変えた。

大半の有権者にアピールするような政策に訴えるのではなく、中絶問題に最大の重点を置き一票を投じる有権者の心をつかむことで、さらなる支持を集めようというわけだ。2016年の大統領選でトランプ氏を熱烈に支持したキリスト教福音派は、中絶問題を最重要視するといわれている。

実際に複数の世論調査を見てみると、中絶をめぐる共和党当局者の動きとは裏腹に、米国人の大半が中絶合法化を支持しているのがわかる。

6月7日に発表された、米公共ラジオ局のNPRとPBSニュースアワー、マリスト大学による共同世論調査では、最高裁による「ロー対ウェイド判決」の無効化に反対する米国人は77%に上る。無効化を望む人は13%だ。NBCニュースによる直近の世論調査(9月1日発表)でも、「中絶はあらゆる場合、または大半の場合において合法であるべきだ」と、米国人の54%が答えている。

米モンマス大学の前出世論調査でも、テキサス州法の施行を容認した最高裁の判断に反対する人は54%、賛成は39%と、反対派が過半数を占める。

中絶禁止に動こうとしている州知事の大半は、次期大統領選共和党指名候補争いへの出馬を考えているともいわれる。自らを「本物の中絶反対派」だとアピールすることで、早くもライバル候補者らに抜きん出ようとしているのかもしれない。

トランプ前大統領のおひざ元、南部フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)も次期大統領選への出馬が取りざたされているが、テキサス州法からは距離を置きつつ、「中絶反対」を標榜している。南部のサウスカロライナやアーカンソーなども含め、共和党当局者がテキサスのような法制化を考えている州は7州以上に上る。

ワシントン・ポスト紙(9月3日付)は、中西部のケンタッキーやオハイオ、南部のルイジアナやオクラホマなども後に続きそうだと報じている。同紙によると、2021年に全米で制定された中絶への制限・規制は推定97に上る。

今年は、「ロー対ウェイド判決」以来、最多の制限・規制が行われた年だという。こうした傾向がさらに強まれば、中絶賛成派の怒りを買い、他の問題をめぐる有権者の政治的二極化や分断にも拍車がかかる。

トランプ大統領が誕生していなかったら、状況は変わっていたか。ジーグラー教授は「わからない」と明言を避けつつ、「最高裁によってロー対ウェイド判決が覆される可能性がここまで高まることはなかっただろう」と分析する。「連邦最高裁は数年以内に同判決の無効化に動く。来年、そうなったとしても驚かない」(同教授)。もはや時間の問題というわけだ。

あわせて読みたい

「中絶」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  9. 9

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  10. 10

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。