記事
  • ロイター
  • 2021年09月24日 09:35 (配信日時 09月24日 09:27)

英金融機関、中国恒大向け大規模投融資なし=BOE副総裁


[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のウッズ副総裁は23日、ロイターに対し、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団に対して英金融機関は大規模な投融資はないと述べた。

ウッズ氏は「英国の銀行と保険会社の恒大集団に向けた直接的なエクスポージャーはそれほど重大ではない。影響の第一段階という意味では心配はない」と語った。

ただ「誰の頭にも浮かぶ疑問は、中国の当局が問題への対応にどういった手段を選び、それがより幅広い影響を及ぼす形になり得るのかどうかだろう。ある時点では、われわれが懸念する必要が出てきてもおかしくないのは明らかだ」と指摘した。

BOEはこれまでに英銀の恒大集団向けエクスポージャーを点検。今年のストレステスト(健全性審査)でも、中国経済の「ハードランディング」への耐性が含まれている。

ウッズ氏は「私の基本シナリオでは、ひどい展開にはならない。大問題に発展しないような方法を見つけたいと中国当局が考えるという点で、私は非常に慎重ではあるが楽観している」と発言した。

一方でウッズ氏は、恒大集団を巡る問題は、米投資会社アルケゴスや英金融サービス会社グリーンシルの失敗と並び、市場というものが行き過ぎてしまう問題を示すと分析。コロナ禍への対応が取られて以来の今の市場を改めて見渡せば、「非常に泡立っている(frothy)状態だ」と述べ、特に債券と住宅市場で「黄信号が点滅」しており、調整の可能性があるのは明らかだと警告した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  7. 7

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  8. 8

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。