記事
  • ロイター
  • 2021年09月24日 09:20 (配信日時 09月24日 09:35)

全国コアCPI、8月は前年比変わらず 宿泊料が過去最高の伸び

[東京 24日 ロイター] - 総務省が24日発表した8月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は99.8と、前年同月比変わらずとなった。携帯電話の通信料が過去最大の下落率となる一方、政府の観光需要喚起策「GoToトラベル」の影響で昨年に宿泊料が大幅に下落した反動で宿泊料が過去最高の伸びとなり、指数を押し上げた。

前年同月比でマイナス圏を脱するのは2020年7月以来。

ロイターがまとめた民間予測に一致した。携帯電話の通信料は前年同月比44.8%下落。総合CPIの下落幅を1.23ポイント拡大した。通信容量の低いプランで安い料金が出てきた影響で、前月の39.6%下落から下落率が拡大した。宿泊料は46.6%上昇し、前月の17.3%上昇を大幅に上回った。

エネルギー価格は5.5%上昇と、前月の5.8%上昇から伸び率が縮小した。このうち、電気代は0.9%上昇と19年9月以来のプラス転換。原油高で発電コストが上昇した影響が出た。

総務省の担当者は政策要因やエネルギー価格を除けば、物価は上昇基調にあるとの見方を示した。

8月の総合指数は前年同月比0.4%下落した。生鮮野菜が18.0%下落して指数を押し下げた。生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は0.5%下落した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  3. 3

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  7. 7

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  8. 8

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    反田恭平さんが2位入賞 ショパン国際ピアノコンクール

    ABEMA TIMES

    10月21日 09:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。