記事

「勉強時間が確保できそう」弁護士を目指して"夜勤のタクシー運転手"に転じた男性の現在

1/2

奈良県大和高田市に法律事務所を開いている的場守夫さんは、かつてはタクシー運転手だった。高校卒業後、職を転々としていたが、「弁護士になりたい」と思って、夜勤のタクシー運転手となった。5年間、勤務しながら勉強を続け、弁護士資格を取得した。的場さんは「勤務中でも工夫次第でいくらでも勉強できる環境だった」という――。

※本稿は、栗田シメイ『コロナ禍を生き抜く タクシー業界サバイバル』(扶桑社)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/TommL

雲一つない星空を見て、弁護士になることを決意

多種多様な生き方が許容される。

それがタクシー業界の変わらぬ不文律でもある。

夢の実現のために一時的に身を置く若者もいれば、紆余曲折を経て、終の住み処として選ぶ者もいる。一方、ドライバーから弁護士に議員、外資系企業のマネージャーといった一般的にいう“社会的地位が高い”職業に転身した者もいる。

そんな人々の軌跡を追ってみた。

タクシードライバーから弁護士に転身を果たしたのは、射場守夫さん(55歳)だ。

現在は奈良県大和高田市で法律事務所を開設している射場さんが司法試験受験を志したのは、30歳の時だった。

大分県の高校を卒業後、「親元から離れたい」一心で、何の当てもない岡山県で一人暮らしを始めた。岡山を選んだのも、「大都会は怖いから適度に栄えている町に行こう」という程度の理由だったという。

栗田シメイ『コロナ禍を生き抜く タクシー業界サバイバル』(扶桑社)

その後、宅配の運転手、ガソリンスタンド、せんべい屋などのアルバイトを転々とし、食いつないだ。仕事は全て面白かったと当時を回顧する。だが、どれも高収入と呼べるものではなかった。

既に結婚し、3児の父でもあったこともあり、漠然とした将来への不安を抱えていた。家族でのドライブ帰り、ふと見上げた空の星を見て、どういうわけか突然弁護士を目指そうと決意したというのだ。

「当時は、大卒や専門資格などの肩書が大嫌いだったんです。そこに安住している人が滑稽に思えて。資格で評価されるという仕事だけはしたくなかったので、常に努力や工夫が重視される道を歩んできた。その信念の対極ともいえる弁護士資格に、あえて挑戦しても面白いんじゃないか……と雲一つない星空を見て、なぜか思ったのです」

夜勤のタクシー運転手と司法試験の勉強を両立

大卒資格がない射場さんにとって、当時は司法一次試験(大卒程度の一般教養試験)から受験する必要があった。これまでの仕事をキッパリと辞め、岡山市内でタクシードライバーとして働き始めたのもこの時期に重なる。

驚いたのは、尾道市の出身である妻かよ子さんも同じくして、司法試験の勉強を始めたことだ。そして共働きをしながら子育てをし、揃って合格している。射場さんが述懐する。

「私が司法試験を受けると言うと彼女も『それなら私もやりたい』と言い出しまして。彼女もパートで家計を支えながら、空いた時間は勉強。育児も協力しあいました。共倒れになるわけにはいかないので、私がフルタイムで働いてまず彼女に試験に集中してもらった。

結果、妻は2000年に合格し、私は2003年に合格しました。彼女が先輩弁護士になったわけです。よく『大変だったでしょ』『不安はなかったの?』と聞かれますが、人生と違って答えがあるわけですから。もともと勉強は得意でしたし、答えがあるのならば合格できるだろう、と。

当時は年に700人の合格者を出していましたし、頑張ればなんとかなるだろうと(笑)。もちろん小さな子供もいる中で時間を作るのは苦労しましたが、ただの資格の勉強と割り切っていた。特別苦しかったということはないですね」

なぜ一時的にタクシー会社を選んだのかと訊ねると、座り仕事で、勉強の時間が確保できると判断したからだという。

岡山では2つの勤務体系を経験している。はじめは隔日勤務で働き、月に25万円程度の収入を得ていた。だが、朝8時~翌3時までという勤務時間は勉強に適さなかったため、効率性を考慮して夜勤のみに変更した。

あわせて読みたい

「タクシー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  3. 3

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  4. 4

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

  5. 5

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  6. 6

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  7. 7

    【映画感想】007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

    fujipon

    10月20日 12:16

  8. 8

    LINEの個人情報不適切管理問題-経済安保とコンプライアンス経営

    山口利昭

    10月20日 14:12

  9. 9

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

  10. 10

    現戸籍に固執する必要性も理由もないというのが僕の持論です。- 10月19日のツイート

    橋下徹

    10月20日 10:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。