記事
  • ロイター
  • 2021年09月24日 00:20 (配信日時 09月24日 00:16)

英中銀、金融緩和を維持 利上げの根拠は「強まったもよう」


[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は23日開催した金融政策会合で、年末時点のインフレ率が4%を超え、目標の2%を大きく上回る見通しで、金利上昇の根拠が「強まったもよう」という見解を示した。

同時に、物価上昇は「一時的」との認識を示し、政策金利を過去最低の0.1%に、資産買い入れ枠を総額8950億ポンド(1兆2300億ドル)にそれぞれ据え置くと決定。金利据え置きは全会一致だったが、資産買い入れ枠維持については、ラムスデン副総裁とソーンダーズ委員の2人が国債買い入れ枠の縮小を主張した。

インフレ見通しについては、第4・四半期に「一時的」に4%を超えた後、最近の天然ガス高騰を背景に、2022年上期も4%を超える水準で推移するリスクがあるとの認識を示した。

また、供給の制約を反映し、第3・四半期の成長見通しは下方修正された。

会合後、金利先物が織り込む来年2月までの利上げ確率は90%と、会合前の60%から上昇した。

米シティとJPモルガンは英中銀による利上げ予測を前倒しした。シティは2月に0.25%へ、5月に0.5%への利上げが実施されると予想。 JPモルガンは1回目の利上げが22年第1・四半期、2回目は同第3・四半期と予想した。

一方、INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は「今冬に予想される英経済への向かい風を踏まえると、下期まで利上げが実施される公算は小さい」との見方を示した。

ポンドは対米ドルで上昇。英2年債利回りも9ベーシスポイント(bp)急上昇し、昨年3月以来の高水準に達した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  2. 2

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  3. 3

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  4. 4

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  5. 5

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  6. 6

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  7. 7

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  8. 8

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

  9. 9

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  10. 10

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。