記事

新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

14年ぶりにフルモデルチェンジした新型ランドクルーザー(トヨタ)

 8月に約14年ぶりの新型が登場したトヨタ自動車のクロスカントリー4WD「ランドクルーザー」(300シリーズ)。その人気は国内のみならず海外でも凄まじく、いま注文しても納車までに2年以上待たされるという状態だ。果たして新型ランクルの魅力はどこにあるのか──。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】ランクルの源流となった「トヨタジープ」

 * * *

「ランドクルーザー」は1951年の初代誕生から70年にわたって販売されたトヨタブランドで最も古いモデル。世界170の国と地域に累計1060万台が販売され、今も年間30万台以上も売れる人気モデルです。

 なぜ「ランドクルーザー」が高い人気を誇るのでしょう? それには2つの理由が考えられます。

日本の10倍も海外で売れている理由

 ひとつは「トヨタブランドで、一番高いクルマ」というステイタスです。実際には、もっと高額な「センチュリー」や「MIRAI」も存在しますが、世界中で販売されるトヨタ車としては、510万~800万円する「ランドクルーザー」が一番となります。ちなみにレクサスは別枠です。

 そうしたステイタス性は、日本のような舗装率が高い先進国の都心部ユーザーの重視するところでしょう。もちろん、そこには後ほど説明する、世界での「ランドクルーザー」の名声というステイタスもプラスされています。

 そして2つめの理由は、世界での高い評価。それが実用車としての高い実力です。端的に言えば「壊れない(耐久性と信頼性)」ことと「優れた悪路走破性」があること。そして、この「壊れない&悪路走破性」が、高いステイタスの理由にもなります。

「ランドクルーザー」は、日本よりも海外のほうがはるかに数多く販売されています。日本での販売は、年間2~3万台ほど。ところが年間の販売台数は約30万台。つまり、日本の10倍近い数が海外で売れているのです。

 人気のエリアは、中東やアフリカ、オーストラリアなど、リアルにクルマが酷使される地域だったりするのです。そんな地域で、「ランドクルーザー」は長年、「壊れない&悪路走破性」をモットーに販売されており、高い信頼を得ることに成功します。「ランクルであれば、どこへでも行って、生きて帰ってこられる」と思われる存在となっていたのです。

「不良品」という無駄を作らない

 振り返ってみれば、1960年代から1990年代にかけて、世界市場に本格的な4WD車は少数派でした。

 ざっくり言えば、英国のランドローバー(レンジローバー)とジープなどのアメリカ車、そしてトヨタと日産、三菱自動車などの日本車4WDです。イタリアやフランス車にオフロード車はないし、ドイツ車は軍用車をルーツに持つメルセデス・ベンツGクラス程度です。

 そうした顔ぶれの中で、日本車の耐久性・信頼性は抜きん出ていました。トヨタ自慢の「トヨタ生産方式(ジャストインタイム/かんばん方式)」の狙いは無駄の排除です。そこには「不良品という無駄を作らない」ことも含まれます。

 一方、英国は1960年代から「英国病」と呼ばれる状況で製造業の力が激減。アメリカもベトナム戦争以降、徐々に国力を落としており、自慢の自動車産業の調子もイマイチ。オイルショック後は、燃費の良い日本車の人気が高まり、1980年代には日本車を標的にしたジャパン・バッシングが起きるほどに。

 つまり、アメリカ車と日本車は対等、もしくは小型車に限っては、圧倒的に日本車優位という状況になっていました。

 その理由のひとつが、トヨタを代表する「高品質=壊れない」という特徴です。今では考えにくいのですが、1980~1990年代くらいの英国車やアメリカ車は、日本車と比べると本当によく壊れました。特に、走行距離の伸びた古い中古車での差は明確でした。

 しかも、そんな優秀な日本車の中でも「ランドクルーザー」は、特異なほど「信頼性」にこだわった1台だったのです。

地球25周以上の「耐久テスト」

「ランドクルーザー」の開発には、開発チームが「壊し切り」と呼ぶテストがあります。普通は目標値を設定して、それをクリアすればOKです。ところが「ランドクルーザー」は、本当に壊すところまでテストを続けるというのです。

「先代でクリアできたところが、新型で壊れたら、お客様の命にかかわる」と開発者が言うから驚きです。耐久テストで走るのは、延べ100万km、地球25周以上とか。

 だからこそ、最新の300シリーズの「ランドクルーザー」も、堅牢なラダーフレームを使った車体構造を継承していますし、パワーステアリングも、いまだに油圧を採用し続けています。

トヨタのいう品質は「均一で壊れないこと」

 パワステに関して言えば、レーントレーシングアシスト(※車線を逸脱しないようステアリングをアシストする機能)を使うために、わざわざ油圧パワステを残したまま、その上に電動アクチュエーターを追加しています。そんなところを二重にするなんて前代未聞です。それでも「ランドクルーザー」は、今どきの効率よりも「信頼性」を優先しているのです。

 東京のような大都会であれば、故障しても実のところそれほど困りません。しかし隣町まで900kmも離れた砂漠の道を走るときや、アフリカの未舗装の道を数百kmも走るときに、誰もが重視するのは「壊れない」、「どんな悪路も走破する」という性能でしょう。

 そうしたクルマを70年以上にわたって供給し続けたからこそ、「ランドクルーザー」は、世界で高いステイタスと信頼性を得ることができたのです。

 ちなみにトヨタのエンジニアと話をすると「品質が~」という言葉をよく耳にします。面白いのは、その品質とは「きれいで良くできている」というものではなく「均一で壊れないこと」を意味しているのです。

 この「品質」こそが、トヨタらしさであり、それが最も色濃く表れたクルマが「ランドクルーザー」と言えるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  2. 2

    小林よしのり氏、眞子さま小室さん会見に「素晴らしい記者会見だった!」

    小林よしのり

    10月26日 17:11

  3. 3

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  4. 4

    世田谷一家殺人事件 21年めの新展開!警視庁が異例の実名出しで所在を追う「焼き肉店のアルバイト店員」

    SmartFLASH

    10月26日 17:16

  5. 5

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  6. 6

    【全文】小室眞子さん、圭さん結婚会見「私は眞子さんを愛しております」

    BLOGOS編集部

    10月26日 14:57

  7. 7

    自民党に訪れている深刻な人材不足 力ある政治家を育てなかったツケ

    内田樹

    10月26日 16:08

  8. 8

    にぎわい戻る日本に「油断しないで」 コロナ感染女性が綴る闘病と復帰後の苦しみ - 吉沢さりぃ

    BLOGOS編集部

    10月26日 09:31

  9. 9

    橋下氏&岸博幸氏が“脱成長”論を猛批判「自分の年収を100万にしてから言え!」

    ABEMA TIMES

    10月26日 12:25

  10. 10

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。