記事
  • ロイター
  • 2021年09月23日 06:50 (配信日時 09月23日 15:50)

FRB、中銀デジタル通貨巡る報告書を近く公表へ=パウエル議長


[22日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は22日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の利点とリスクに関する調査報告書を「近く」公表すると明らかにした。

同報告書は当初、今夏に公表される予定だった。米国がCBDCを発行すべきかどうかを巡る政策当局者の見解を探る上で、暗号資産(仮想通貨)愛好家や金融業界関係者らが注目している。

パウエル議長は、21─22日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、CBDCを巡り「何ら決定はしてない」とし、米国の決済システムの安定性と信頼性が維持されることが優先されるとした。

その上で「CBDCを発行するかどうか、どのような形で発行するのか、FRBは積極的に精査している」と指摘。「明確かつ実際の利点がコストやリスクを上回る」かどうかが、CBDC評価の試金石になるとの考えを示した。

FRBは5月、米国のCBDC発行を巡る賛否両論をまとめた「ディスカッション・ペーパー」を今夏に公表すると発表していた。

パウエル議長は22日、このペーパーについて、CBDCを巡る公共政策上の問題のいくつかに取り組み、FRBが議員や一般市民からこの問題に関するフィードバックを得るための土台になるとした。

CBDCは、分散技術を利用し価格の振れが大きくなりやすいビットコインのような暗号資産とは異なる。具体的な構造は決まっていないもののCBDCの場合、保有する個人や企業は現金と同様に発行元の中銀に対する直接請求権を持つことになる。

FRB当局者の間では、CBDCの必要性を巡り意見が分かれているようだ。ブレイナード理事らは、中国など他の経済大国がより積極的に動く中、米国はこの分野でリーダーになるべきだと主張。一方、クオールズ副議長らは、コストを上回る利点があるかどうかについてより懐疑的だ。

パウエル議長は、米国の取り組みが遅れているとは思わないとの見解を繰り返した。「速さよりも、正しく行うことが重要だ」とし、「われわれは世界の基軸通貨を有しており、そのような分析と決定を行うのに良い状況にある」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  4. 4

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

  9. 9

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  10. 10

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。