記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年09月23日 14:38 (配信日時 09月23日 05:59)

中国の大国主義的態度がベトナム・米国関係を深める - 岡崎研究所

1/2

 カマラ・ハリス米副大統領は、8月25日、ベトナムのハノイを訪問し、グエン・スアン・フック国家主席やファン・ミン・チン首相と、両国間の経済、安全保障、コロナ対策支援等について会談した。

 9月1日の英フィナンシャル・タイムズ紙は、「中国の域内姿勢は米国がベトナムとの絆を深めるチャンスを与えてくれる」と題する論説を掲げ、その中で、同紙中国特派員Kathrin Hilleが、中国はベトナムにとって最大の貿易相手国であるが、ベトナムに要求を突きつければベトナムの米国に対する態度に影響すると述べている。

ASEF / Yurchello108 / iStock / Getty Images Plus

 米国とベトナムは、長年にわたるベトナム戦争の対決を経て、これまでにない和解の関係にあると言う。特に近年は安全保障面で密接な関係にあり、またベトナム国民の92%が米国の影響を歓迎すると述べているとのことである。

 これに対し、ベトナムと中国の関係はこれまで対立の様相が強かった。南沙諸島と西沙諸島をめぐって領有権争いを繰り返すとともに、中国がベトナムが管轄権を主張する海域で石油の掘削を決めたり、ベトナムの漁船が中国の沿岸警備艇に衝突され沈没したりする紛争が絶えなかった。

 しかしベトナムは中国との関係に大変気を使っているとのことである。例えば、ベトナムの首相は、ハリス米副大統領と会談する前日、駐ベトナム中国大使と会談している。このような配慮の理由は経済である。

 ベトナムにとって中国は圧倒的に重要な経済パートナーである。2020年のベトナムの貿易で、輸出相手国としては中国は米国についで2位であり、輸入相手国としては 1位であった。このようにベトナムにとって中国は経済的に不可欠の存在であり、多少の政治的対立や領土に関わる摩擦があっても、中国の重要性は変わらない。

ヒルの論説は、もし米国がTPP(環太平洋連携協定)に復活し、サプライチェーンを中国から切り離すための再編の過程でベトナムへの投資を増やす努力をすれば、ベトナムと米国の経済的関係は重要性を増すだろうと言っているが、ベトナムと中国の経済関係には及ばないだろう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  3. 3

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  4. 4

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  5. 5

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  6. 6

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  7. 7

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  8. 8

    女子テニス協会が中国や香港でのトーナメントを全て中止すると発表 彭帥さんの告発問題で

    ABEMA TIMES

    12月02日 11:39

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。