記事

コロナ破たんが累計2100件超え、9月も8カ月連続の100件台

 9月21日は16時時点で「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1000万円以上)が4件判明、全国で累計1994件(倒産1888件、弁護士一任・準備中106件)となった。

 月別では、2021年に入って2月(122件)以降、3カ月連続で最多件数を更新した。5月は124件と4カ月ぶりに前月を下回ったが、6月は155件で過去最多を記録、7月(140件)、8月(124件)に続き、9月も21日までに100件に達し、8カ月連続で月間100件台と高水準で推移している。

 倒産集計の対象外となる負債1000万円未満の小規模倒産は累計107件判明。この結果、負債1000万円未満を含めた新型コロナウイルス関連破たんは累計で2101件となった。

 「緊急事態宣言」は東京や大阪など19都道府県で、9月30日まで続く。その後の見通しは流動的だが、対象地域を中心に飲食店などのサービス業や小売業、これらを取り巻く取引先にも影響が及び、当面は厳しい事業環境が続く見込みだ。コロナ関連の金融支援策は継続するが、業績不振が長期化し、過剰債務の問題も浮上している。息切れや事業継続をあきらめて破たんに至る小規模事業者などを中心に、コロナ関連破たんは今後も高水準で推移するとみられる。

【都道府県別】(負債1000万円以上) ~ 30件以上は16都道府県 ~

 都道府県別では、東京都が454件(倒産429件、準備中25件)に達し、全体の2割強(構成比22.7%)を占め、突出している。以下、大阪府217件(倒産207件、準備中10件)、神奈川県95件(倒産92件、準備中3件)、愛知県(倒産88件)と兵庫県(倒産80件、準備中8件)が同件数の88件、福岡県87件(倒産84件、準備中3件)、北海道73件(倒産70件、準備中3件)と続く。

 21日は福岡県で2件判明したほか、富山県、広島県で各1件判明した。この結果、10~20件未満が18県、20~30件未満が9県、30件以上は16都道府県に広がっている。一方、5件未満は山梨県、秋田県、鳥取県(各4件)の3県のみ。

【業種別】(負債1000万円以上)~飲食が最多の361件、建設、アパレル、食品卸、宿泊が続く ~

 業種別では、来店客の減少、休業要請などで打撃を受けた飲食業が最多で361件に及ぶ。緊急事態宣言などの対象地域では休業や時短営業、酒類提供の制限などが続き、飲食業の新型コロナ破たんがさらに増加する可能性が強まっている。

 次いで、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が192件、小売店の休業が影響したアパレル関連(製造、販売)の163件。このほか、インバウンドの需要消失や旅行・出張の自粛が影響したホテル,旅館の宿泊業が95件、飲食業などの不振に引きずられている飲食料品卸売業も同数の95件と、上位を占めている。

【負債額別】(負債1000万円以上)

 負債額が判明した1955件の負債額別では、1千万円以上5千万円未満が最多の721件(構成比36.8%)、次いで1億円以上5億円未満が638件(同32.6%)、5千万円以上1億円未満が356件(同18.2%)、5億円以上10億円未満が125件(同6.3%)、10億円以上が115件(同5.8%)の順。

 負債1億円未満が1077件(同55.0%)と半数以上を占める。一方、100億円以上の大型倒産も6件発生しており、小・零細企業から大企業まで経営破たんが広がっている。

【形態別】(負債1000万円以上)

 「新型コロナ」関連破たんのうち、倒産した1888件の形態別では、破産が1679件(構成比88.9%)で最多。次いで民事再生法が94件(同4.9%)、取引停止処分が87件(同4.6%)、特別清算が18件、内整理が9件、会社更生法が1件と続く。

 「新型コロナ」関連倒産の約9割を消滅型の破産が占め、再建型の会社更生法と民事再生法の合計は1割未満にとどまる。業績不振が続いていたところに新型コロナのダメージがとどめを刺すかたちで脱落するケースが大半。

 先行きのめどが立たず、再建型の選択が難しいことが浮き彫りとなっている。

【従業員数別】(負債1000万円以上)

  「新型コロナ」関連破たんのうち、従業員数(正社員)が判明した1880件の従業員数の合計は2万1301人にのぼった。

 1880件の内訳では従業員5人未満が1042件(構成比55.4%)と、半数以上を占めた。次いで、5人以上10人未満が366件(同19.4%)、10人以上20人未満が243件(同12.9%)と続き、従業員数が少ない小規模事業者に、新型コロナ破たんが集中している。

 また、従業員50人以上の破たんは2021年1-3月で12件、4月以降は11件発生している。

※ 企業倒産は、負債1000万円以上の法的整理、私的整理を対象に集計している。
※ 原則として、「新型コロナ」関連の経営破たんは、担当弁護士、当事者から要因の言質が取れたものなどを集計している。
※ 東京商工リサーチの取材で、経営破たんが判明した日を基準に集計、分析した。

(負債1000万円以上)
            
(負債1000万円未満を含む)

あわせて読みたい

「倒産」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  3. 3

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  7. 7

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  8. 8

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    反田恭平さんが2位入賞 ショパン国際ピアノコンクール

    ABEMA TIMES

    10月21日 09:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。