記事

サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

週刊文春やオリコンなどが定期的に行う「好きな芸人ランキング」。インターネット調査をベースに行われていますが、今回のコラムではGoogleの検索数だけで人気ランキングを作成しました。YouTuberやアーティストとの比較もあるのでお楽しみください。

放送作家の大竹です。

YouTubeの登場以降、テレビとネットメディアの分断がより鮮明な形になっています。テレビで高い人気を誇るタレントがYouTubeチャンネルを開設しても、再生数が伸びないことは珍しくありませんし、ネットで高い人気を誇るYouTuberがテレビに出演しても、高視聴率を稼げるとは限りません。その一方で、どのメディアでも合格点の数字を出すタレントもいます。

テレビの視聴者層とYouTubeの視聴者層が完全に一致しているわけではないため、このような現象が起こるのですが、そのタレントがどのメディアでニーズがあるのかを見極めることも放送作家にとって大切な仕事の1つになっているのです。

インターネットの登場で流行り廃りが速くなった昨今、タレントの見極めが難しくなりました。

Twitter全盛期にフォロワー数の多い有名人を並べれば視聴者が増えるのでは…という話もありましたが、それほど単純な話ではありません。

そこで今回は、Googleのキーワードプランナーによるタレントの検索ボリュームランキングを作成しました。キーワードプランナーとは、特定の単語を入れると、その単語をどれくらいの人が検索しているのかわかるサービスです。

テレビでよく見かけるあの人が、Googleではあまり検索されていなかった!あの芸人さんと俳優さんは同じくらい検索されている…なんてことがみえてきました。

コンビ名より個人名 ダウンタウンの凄さ

Getty Images

今回は去年、週刊文春が行った「好きな芸人ランキング」の上位20組を中心にコンビ名を調査しました。

検索数が多いとされる10万〜100万というボリュームゾーンには、霜降り明星、四千頭身といったお笑い第7世代が入り、サンドウィッチマン、明石家さんまといったベテラン芸人もランクイン。自身のYouTubeチャンネルを持つ芸人も多いですが、やはりテレビへの露出が検索数に関係しているようです。


意外だったのが「ダウンタウン」。今でもコンビで活動し、お笑い界のトップに君臨する2人ですが、検索ボリュームだけみると、1万〜10万程度。

ただ不思議なことに、冠番組の『水曜日のダウンタウン』では、10万〜100万の検索ボリュームがあり、さらに個人名の「松本人志」「浜田雅功」でも同様の検索数がありました。コンビ名よりも番組名、個人名での検索が多いのは、番組名や個人名がしっかり認知されている証拠。

ダウンタウン、やはり恐るべしですね。

個人名で差がついたのはとんねるず。コンビ名での検索ボリュームは1万〜10万と少なめでした。確かに現在はコンビでの活動はなく、テレビ露出もないため当然のように感じますが、個人名の「石橋貴明」だと10万〜100万と大幅アップ。相方の「木梨憲武」では、1万〜10万だったため、石橋さんのYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』の効果が大きいのだと思われます。

様々な芸人の名前で検索した結果、活躍している人でも検索ボリュームは10万〜100万が最大値で、それ以上の検索数が出てきませんでした。

そこで、今度は芸人ではないジャンルの有名人でも検索してみました。

やっと見つけた!100万超えの有名人


ゴールデンタイムでMCを務めるタレント、アイドル、アーティストなどを調べましたが、どのタレントも10万〜100万の検索ボリューム内に留まっています。日本の総人口は約1億2000万人ですが、タレントの検索数はその程度で、100万〜1000万の検索ボリュームを持つタレントはいないのか…。

検索メンタルがポキっと折れかけましたが、「いや、まだやれることはある!」と自分に言い聞かせて人気絶頂の有名人を絞り出したところ、放送作家・大竹調べで、検索ボリューム100万〜1000万の有名人を4組発見しました。

それはBTS、NiziU、大谷翔平、乃木坂46の4組です。

BLOGOS編集部

世界的に活躍するBTS、去年から大ブレイクが続くNiziU、今年メジャーリーグで大活躍の大谷翔平。この3組は納得かと思いますが、意外だったのが乃木坂46。

AKB48、欅坂46、日向坂46でも10万〜100万なので、乃木坂46は桁違いの検索人気。放送作家として感じる業界内の勢いとしては、欅坂46、日向坂46も負けず劣らずだと思いますが、Googleでの差は歴然でした。

そこで乃木坂46の人気について調べたところ、日経エンタテインメント!が発表したタレントパワーランキング2021の女性アイドル編が興味深い結果でした。

1位 百田夏菜子(ももいろクローバーZ)
2位 柏木由紀(AKB48)
3位 齋藤飛鳥(乃木坂46)⊿
4位 生田絵梨花(乃木坂46)⊿
5位 王林(りんご娘)
6位 玉井詩織(ももいろクローバーZ)
7位 佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
8位 高城れに(ももいろクローバーZ)
9位 横山由依(AKB48)
10位 松井珠理奈(元SKE48)

11位 秋元真夏(乃木坂46)⊿
12位 山下美月(乃木坂46)⊿
13位 宮脇咲良(元IZ*ONE、元HKT48)
14位 須田亜香里(SKE48)
15位 与田祐希(乃木坂46)⊿
16位 高山一実(乃木坂46)⊿
17位 星野みなみ(乃木坂46)⊿
18位 菅井友香(櫻坂46)
19位 渡邉理佐(櫻坂46)
20位 小坂菜緒(日向坂46)

トップ10に入っている乃木坂46は齋藤飛鳥さん、生田絵梨花さんだけですが、トップ20でみると乃木坂46から7人がランクインしています。グループとしてのシェアは1位。タレントパワーの高さが伺えます。

別のツールで調べてみた

Googleのキーワードプランナーに続いて、次は検索数、順位ごとのアクセス数を予測するサービス「aramakijake.jp」を使ってみました。

こちらを使った放送作家大竹調べの芸人Google検索ランキングを発表していきます。(名前はGoogle検索によるデビューが早い順)


10位 タモリ・爆笑問題・伊集院光・すゑひろがりず 10万8000
9位 木梨憲武・キングコング 13万2000
8位 ミキ 16万800
7位 明石家さんま・とんねるず・浜田雅功・出川哲朗・宮迫博之・ナイツ 19万6800
6位 石橋貴明・中川家・和牛 24万
5位 バナナマン・西野亮廣 29万4400
4位 ダウンタウン・松本人志(個人名)・東京03・ミルクボーイ・ぺこぱ・四千頭身 36万
3位 有吉弘行・オードリー・霜降り明星 53万8400
2位 千鳥 80万
1位 サンドウィッチマン・かまいたち 120万

BLOGOS編集部

1位は、テレビ、ネットともに大活躍のサンドウィッチマンとかまいたち。2位には昨今MCとしても大活躍の千鳥。3位はテレビ、ラジオ、YouTuberでも活躍の霜降り明星です。

ちなみに、同じサイトでBTSのGoogleの検索数を調べたところ、6648万と桁違いの数値でした(笑)

芸人以外の名前を検索したところ…
東海オンエア 489万6000
HIKAKIN 400万
ヒカル 268万
はじめしゃちょー 219万2000

乃木坂46 327万2000
日向坂46 179万2000
欅坂46 97万6000
AKB48 80万
ももいろクローバーZ  44万

King & Prince 120万
Hey! Say! JUMP 65万8400
中居正広 36万

TWICE 1328万
NiziU 489万6000
YOASOBI 219万2000
まふまふ 80万

新垣結衣 120万
星野源 120万
菅田将暉 97万6000
フワちゃん 97万6000
石原さとみ 97万6000

といった結果に。

Getty Images

BTS、TWICEといった韓国のアーティストは、日本のテレビメディアへの露出は少ないですが(コロナ禍で移動できないというのもありますが)Googleの検索数は桁違い。

YouTuberもかなりの検索数となっています。アイドルグループでは乃木坂46が圧倒的な人気で、俳優・女優では新垣結衣・星野源夫婦が120万というのも恐るべき数字でした。

Googleの検索ボリュームで導き出された人気芸人。Googleの理屈でいえば、彼らの名前を記事に入れれば検索されるかもしれない!ということで、この記事のタイトルにもランキングトップ3の名前を入れてみました。果たしてページビュー数は上がるのでしょうか。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  2. 2

    小林よしのり氏、眞子さま小室さん会見に「素晴らしい記者会見だった!」

    小林よしのり

    10月26日 17:11

  3. 3

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  4. 4

    世田谷一家殺人事件 21年めの新展開!警視庁が異例の実名出しで所在を追う「焼き肉店のアルバイト店員」

    SmartFLASH

    10月26日 17:16

  5. 5

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  6. 6

    自民党に訪れている深刻な人材不足 力ある政治家を育てなかったツケ

    内田樹

    10月26日 16:08

  7. 7

    橋下氏&岸博幸氏が“脱成長”論を猛批判「自分の年収を100万にしてから言え!」

    ABEMA TIMES

    10月26日 12:25

  8. 8

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  9. 9

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

  10. 10

    にぎわい戻る日本に「油断しないで」 コロナ感染女性が綴る闘病と復帰後の苦しみ - 吉沢さりぃ

    BLOGOS編集部

    10月26日 09:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。