記事

前例のない少子高齢化時代には新しい家族像が求められる- 「賢人論。」第147回(後編)永松茂久氏

1/2

ビジネス書の分野で圧倒的な存在感を放つミリオンセラー作家永松茂久氏。新著『喜ばれる人になりなさい』は、事実に基づき永松氏が母との思い出を描いた心温まるストーリーで、「本の形をした1本の映画」と紹介されている。他界した母との絆を振り返る永松氏は、どのような気づきを得たのか、お話をお聞きした。

取材・文/みんなの介護

母の言葉は「人生の羅針盤」

みんなの介護 永松さんにとってのお母様の存在とはどのようなものでしょうか?

永松 今はもう亡くなりましたが、哲学的なことや人生の教訓のようなことをよく口にする母親でした。昔は、一つひとつの母の言葉をそこまで深く考えていませんでしたが、今振り返ったら、その言葉が私自身の羅針盤になっていると思います。一番大きかったのは「喜ばれる人になりなさい」ということと、「『おかげさま』を忘れない」ということでした。

母から学んだその2つのことをミックスして書いたのが、『喜ばれる人になりなさい』の本です。私は、「今、母が生きていたら何て言うかな」ということを常々考えます。それも、「忙しいから今は考えなくていいや」と横道に外れると、結局はうまくいかなくなってしまいます。

みんなの介護 素敵なお母様だったのですね。親に対して許せないという思いを持っている人へは、どのようにアドバイスをされますか?

永松 親が許せない人は多いと思います。しかし、「その傷は、いつついたの?」と話を聞くと、多くの人が年を取ってからではなくて、幼少期についた傷であるケースが多いです。

私も、8歳ぐらいに親にされたことで嫌な思い出があります。しかし、よく考えると私が8歳のときは、母は32歳です。

今、私が32歳という年の人を見たら、「若いのに頑張ってるな」と思うわけです。実際、自分の親が許せないという人は、その頃の親の年齢を越えて言っている人が多いです。しかし、そのことに気づいていない人がほとんどですね。

そのような人に、「今30代前半の人が、一生懸命子どものために頑張っているのを見たらどう思う?」と聞くと、「『頑張れ』と思います」と答えるんです。そして、「それが昔のお母さんの姿じゃないの?」と言います。年齢的なことを例に出して話すと、ハッとする人が多いです。

また、親を恨んでいる人はすごく多いですが、俯瞰して見たときに、完璧を求める子どもの方が無理な要求をしていると思えます。

絵に描いたような理想的な父親・母親が実際にいるかどうかはクエスチョンです。そして「あなたは、子どもに対して理想的な親になれているの?」と問われたら、「どうかな?」と思います。自分はできないけど親を恨んでいるというのは、ロジックがめちゃくちゃです。

もちろん、された側の人からすると、許しがたい感情があるのはわかります。「それはきつかったよね」と思います。しかし、逆の側面を見ると、親から嫌なことをされて苦しんできた人は、とても優しい人が多いと思うのです。自分がこうされて嫌だったから人にはしないという配慮ができる人がたくさんいます。

「そのような経験をされたからこそ、優しい人になれたんですね」と、ご自分が気づいていない側面を伝えると、「ああ、そうかもしれません」と言われることがあります。もちろん、それがストンと落ちるには時間もかかりますけど。

時間が経ってから出会うと、絆を結び直せることがある

みんなの介護 そうですね。永松さんは、『喜ばれる人になりなさい』の本を書くことで、「読者の方にお母さんの存在の大切さを再認識していただくこと」、「世の中のお母さんの自己肯定感を上げること」ができたら、と書かれていました。これはどのような問題意識からなのでしょうか?

永松 いろいろな家庭があるので、親を恨んでいる方もいるかもしれないし、連絡を取ってない方もいるかもしれません。しかし、「そのまま終わったら後悔するのではないか」という思いがあります。

中には、「死んでくれてせいせいした」と思う人もいるかもしれませんが、そんな人は少ないと思います。逆に、ずっと親を嫌だと思ってきた人というのは、長い間、親との距離があいていることがあります。

こじれてしまった人とも時間が経ってもう一度連絡を取ってみることで、人間関係は意外とうまくいくことが多いです。そして、人間は成長するので、10年前は大嫌いだった人もその頃からは変わっている場合がほとんどです。

ですので、そのような「絆の結び直しのきっかけになったら良いな」と思って、『喜ばれる人になりなさい』の本を書きました。

また、「親に『ありがとう』を言うのであれば、生きているうちが良いよ」という思いも込めました。「ありがとう」を言わなくても良いけど、「お母さん元気?」と言って、連絡してみるというのでも良いと思うのです。

これは意外とやってくださっている方が多いです。実はこの前、ある芸能人の方にカウンセリングでお会いしました。「『喜ばれる人になりなさい』の本がきっかけになって親に電話しました」と最初に感謝の言葉を伝えてくださったのです。そんな話を聞くと、「ご両親が生きているというのは羨ましいな」と思います。

あわせて読みたい

「家族」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  3. 3

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  4. 4

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  5. 5

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  6. 6

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  7. 7

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  8. 8

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  9. 9

    「70歳定年」の時代へ 退職後の生活で意識したい3つの収入とは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月17日 17:35

  10. 10

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。