記事
  • ロイター
  • 2021年09月21日 04:20 (配信日時 09月21日 07:20)

英首相、気候対策支援金の拠出目標達成を先進国に呼び掛け


[国連 20日 ロイター] - 英国のジョンソン首相は20日、先進国全体が気候変動対策として年間1000億ドルを拠出するコミットメントの達成に向け取り組むよう各国政府に呼び掛けた。

ジョンソン首相は、排出量削減目標や気候変動対策支援金などを巡る格差への対応に向け、国連のグテレス事務総長と世界各国の首脳や代表との円卓会議を主催。「あまりにも多くの主要経済国が大幅に遅れを取っている」とし、気候変動対策での成功には「先進国による1000億ドルの拠出が必要」と改めて強調した。

さらに記者団に対し、米国による支援金増額に向けたコミットメントの実現に期待を表明。同時に「取らぬたぬきの皮算用はしない」と述べ、慎重な姿勢を維持した。

米政権で気候変動対策を担うジョン・ケリー大統領特使は、10月31日から11月12日にグラスゴーで開催される気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に先立ち、米政府が一段の気候変動対策支援を巡り発表する計画とし、「世界に強力なシグナルを発する」と言明した。

グテレス事務総長は会議後記者団に、途上国の気候変動対策のための資金支援に向けた「心強い宣言」があったと評価した。

国連が17日に公表した温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」下での各国目標に関する報告書は、世界の二酸化炭素排出量が2030年には10年比で16%増えると分析している。温暖化を食い止めるために必要だと専門家が指摘する30年までの45%削減に遠く及ばないことが分かった。

また、経済協力開発機構(OECD)が17日に発表した報告書によると、先進国は昨年、途上国の気候変動対策を支援するために表明した1000億ドルの拠出目標を達成できなかった可能性が高い。

グテレス事務総長は先週、ロイターとのインタビューで、COP26について、先進国と途上国間の不信感や一部の新興国が野心的な目標を掲げていないことから、失敗に終わるリスクがあるとの懸念を示した。

「北と南、先進国と途上国の間には、克服しなければならない不信感が依然ある」と指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  3. 3

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  4. 4

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  5. 5

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  6. 6

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  7. 7

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  8. 8

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  9. 9

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  10. 10

    反田恭平さんが2位入賞 ショパン国際ピアノコンクール

    ABEMA TIMES

    10月21日 09:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。