記事

「日本で一番、金の遣い方が巧い人物」経営の神様・松下幸之助が最晩年までこだわった"ある構想"

1/3

パナソニックの創業者、松下幸之助は事業経営のみならず、社会活動にも熱心だった。作家の福田和也さんは「特に松下政経塾の設立は、彼の死後も日本の政治と経済に影響を与えている点で、巧い金の遣い方だったと思う」という――。

※本稿は、福田和也『世界大富豪列伝 20-21世紀篇』(草思社)の一部を再編集したものです。

自民党大阪政経懇談会1977年1月29日、自民党の政経懇談会で乾杯の音頭をとる松下幸之助松下電器産業相談役(右・当時)。左端は福田赳夫総裁(首相・当時)(大阪市北区のロイヤルホテル) - 写真=時事通信フォト

松下政経塾を設立した松下幸之助の慧眼

日本の金持ちで一番、金の遣い方が巧かったのは誰だろう。

人によって意見は異なるだろうが、まず指を折るべきなのは、松下幸之助ではないか。

私が、松下をして「巧い」と思うのは、松下政経塾を作った、の一点に拠っている。なぜなら、政経塾の設立によって、自らの死後も、長期にわたって、日本の政治と経済に影響を与え続けているからである。

現在、松下政経塾出身の政治家は、衆議院議員二十三名、参議院議員九名、都道府県議会議員八名、市区町村議会議員十五名、知事二名、市長・区長・町長十一名という陣容であり、所属党派は多岐にわたるが、一大勢力であることは間違いないだろう。

しかも、政経塾は全寮制で、塾生たちは起居を共にしているわけだから、その連帯感、同志的な結合は、いまや日本社会では珍しい、濃厚かつ堅固なものになっている。

これだけの、周到さをもって、日本の将来に、確実に、持続的に影響力を及ぼすことに「成功」したのだから、やはり、松下幸之助は、稀代の人物という他ない。

もちろん、政経塾出身の政治家の資質や業績をどう評価するかは、なかなか難しい問題ではある。ただ従来、国政に参与したくてもできなかった、有志の若者を政治の舞台に立たせる、その助力をしたということが、格別な試みであることは、否定できない。

「武士」ではなく「商人」が政治に乗り込む

松下は、政経塾の発足にあたって、ポケットマネーから七十億を拠出した。七十億円には、土地代は含まれていない。茅ヶ崎にかつてあった、ナショナル学園という販売店研修の施設の土地を、松下幸之助個人が所有していた京都東山の千五百坪の土地と交換したという。

その発足にあたって、評論家の山本七平が、面白い感想を述べている。

「日本には、社会の秩序を保つのは武士の任務で町人の任にあらず、という伝統があって、町人が政治に関係することがなかった。松下幸之助さんという大阪商人が政治家を養成するのはおもしろいじゃないですか。経済的合理性を尊ぶ政治家が出来るのはいいことです」(『週刊文春』昭和五十三年九月二十八日号)

『日本人とユダヤ人』の著者らしい、諧謔(かいぎゃく)に富んだコメントだが、「武士」が司るべき政治が、機能不全に陥った時に、「商人」が政治に乗り出す、という見立ては的確なものといえる。

絶対的な弱者の状況で、本領が発揮された

松下幸之助は、典型的な立志伝中の人物だ。生家は豊かだったが、父、政楠が米相場に失敗し、小学校は四年までしか通えなかった。

幸之助にとって不幸だったのは、兄弟が片端から早世したことだった。長男の伊三郎は二十三歳で、次男の八郎は十七、次女の房枝は二十、三女のチヨが二十一、四女のハナが十七、五女あいが二十八。唯一人、長女のイワだけは、四十八まで生きた。

明治三十七年十一月、大阪の宮田火鉢店に奉公したのを手初めに、翌年二月、五代自転車店に入り、五年ほど勤めた後、大阪電灯の見習工に採用される。ここから電気機器と幸之助の関わりが始まるわけだ。

大正二年から、関西商工学校夜間部予科に通い、翌年、電気科に進んだが、本科は一年ほどで辞めている。本科では、授業がすべて口述筆記だったために、読み書きが不自由な幸之助はノートをとることができなかったのである。その上、幸之助は、胸に病を抱えていた。

大阪歌舞伎座前の映画館の改装工事に従事している時、工期の遅れを取り戻すため、師走の三日間、徹夜で野外工事をした後、肺尖カタルを発症してしまったのである。

二十歳になる前の発病により、幸之助は、否応なく、自らの今後について、考えざるを得なくなった。その頃の松下の姿は、「青ビョウタンという言葉が当てはまるような、ゾッとするような姿」であった、と本人が後に記している(『仕事の夢暮しの夢』)。

満足な学歴もなく、健康は損なわれ、もとより蓄えはない……。その絶対的な「弱者」の状況で、幸之助の本領は、発揮された。知識に頼らず、身体を労り、金をあてにしない。

「松下電気器具製作所」設立初年度のヒット作

大阪電灯を退社した後、大正七年三月に松下電気器具製作所を創立し、所主となった。すでに大正五年、改良ソケットの実用新案を出願しているので、電気関係の器具、部品については、自信があったのだろう。

自宅――とはいっても二畳と四畳半の二間――を工場にして、ソケット製造に挑んだが、さっぱり売れなかった。妻のむめのは、質屋通いをして、幸之助を支えた。ようやく、一息ついたのは、川北電気会社から、電気扇風機の碍盤(がいばん)――絶縁体――の注文を得た時だ。

レトロな扇風機※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Margalef-Eva

碍盤には、金具を付ける必要もなく、材料は練物なので、手間も資金もかからない。妻の弟、井植歳男――後の三洋電機社長――と二人で碍盤を製造して、なんとか納品をすませることができた。

「こうして最初の年は、ソケットの売り出しという初めての計画は失敗に終わったけれども、思わぬ碍盤の注文によって多少とも収益を上げることができ、商売を続けていくことにひとしおの自信もできて、行き詰まりも打開され、ここに改めて器具の製作考案にやや本格的にはいることができたのであった」(『私の行き方考え方』松下幸之助)

大正七年三月、大阪市北区西野田の大開町、わずか二間の松下電気器具製作所を設立して以来の、幸之助の歩みは多くの人が知るところだろう。

大正十二年に自転車ランプを売り出し、昭和に入ると「ナショナル」ブランドをたち上げ、アイロンなどの電熱部門を発足させ、四年の世界恐慌も住友銀行の融資を受けて無事乗り切り、六年には家庭用ラジオ販売を始め、八年には事業部制を導入するとともに、本社を門真に移転させた。十年には株式会社化して松下電器産業株式会社に改組、とその成長は目覚ましいものだった。

あわせて読みたい

「松下幸之助」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  4. 4

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  5. 5

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  6. 6

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

  7. 7

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  8. 8

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  9. 9

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  10. 10

    【映画感想】007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

    fujipon

    10月20日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。