記事

自民党総裁選候補者討論会 基礎年金、原発ゼロなどで火花

1/2
討論会開始前の撮影 出典:自民党

安倍宏行(Japan In-depth編集長・ジャーナリスト)

【まとめ】

・自民党総裁選を控えた候補者4名が公開討論会に臨む。

・基礎年金と原発ゼロをめぐり、他候補と距離を置く河野氏に質問が集中。

・核燃サイクルや小型モジュール炉(SMR)など、各候補が独自の政策を鮮明に。

18日午後2時から、今月29日に投開票が行われる自民党総裁選に先立って、候補者4名による公開討論会が日本記者クラブで行われた。候補者は、河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行。

今回の討論会の前半は、各候補が他の任意の候補一人を指名した上で、その候補に対して自らの主張を交えて質問を行い、これに対して指名された候補が回答、さらにその回答を踏まえて質問者がもう一度発言をするという形式で行われた。候補者同士の討論セクションの後には、討論会を視聴している記者などから寄せられた質問を参考に、会場にいる日本記者クラブ企画員が代表質問した。

候補者同士による討論の中で特に目立ったのは、基礎年金の財源を税金で賄うことの是非と、原発ゼロを含むエネルギー政策に関する話題だ。いずれも河野候補が、他の3人の候補と異なる見解を表明している問題であることから、河野氏に質問が集中した。

■ 基礎年金の税方式めぐり、河野氏と高市氏の溝は埋まらず

討論会前半では、基礎年金の税方式化を主張している河野氏に質問が集中した。まず高市氏が、河野氏に対して既存年金の税方式化の財源について質問をした。

高市氏: 基礎年金を全額税金で負担するとなると、かなりの増税になっていくんだろうと思いますけど、財源についてどうお考えなのか。お教えください。

河野氏: 基礎年金を最低保証のために使うには、保険料ではできません。というのも所得がなくて保険料が払えない人は、将来その分年金が減ってしまい、少額の年金だけでは食べていけないので、結局生活保護をもらうことになる。今は年金で出していない部分を生活保護で出している部分が相当あると思います。ですから最低保証は税金でやる、その代わり資産、あるいは収入が一定以上ある人にはその分はお出しをしないということで、おそらく金額はそれなりに制限できるものだと思っております。

河野氏は、消費税を財源とする最低保障部分を創設すべきとの考えだ。上乗せする「2階部分」には、個人が口座で運用する積み立て方式を提唱している。現在の公的年金制度は、基礎年金(国民年金)と厚生年金などの2階建てとなっており、基礎年金部分は保険料に加え、税が投入されている。もし河野氏が主張するように基礎部分全額を消費税で賄うことになれば、税率を引き上げなければならない。 旧民主党政権が同様の考えをマニフェストに掲げたが、消費税を8%上げなければならないとの試算も出るに至り、実現しなかった。この河野氏の提案に他の候補者から異論が相次いだ。

高市氏: 現在、政府内で厚生年金や国民年金、共済、それらをトータルで考えながら、年金のあり方、負担のあり方を見直そうと考えていると聞いております。こういった方法が現実的であると思いますし、全く一円も負担をせずに基礎年金部分を全部税金で賄うというのは制度的に無理があるんじゃないかと私は考えております。年金制度の仕組みそのものについて大きな歪みが出てしまうのではないかと考えております。

続いて河野氏の質問順となり、河野氏が同じく基礎年金の税方式化について、高市氏に質問をし、反論した。

河野氏: 今の基礎年金は保険料で運営をしていますが、保険料が払えないくらい所得が低い人は免除ができます。しかし免除になって保険料未納にすればその分はもらえず、税金分しかもらえませんから、2分の1になってしまいます。ただでさえ少ない基礎年金の金額がどんどん減ります。最低保障年金でありながらも、最低保証することが事実上、構造的にはできません。そういう方は結局生活保護をもらうことになってしまいます。

年金の制度の中ではいいのかもしれませんが、トータルで考えればそこで税金が使われる。また今の基礎年金は、2000万円の歳費をもらっている国会議員も、アルバイトで生計を立てている人も同じ保険料です。これはあまりにも不公平なんじゃないでしょうか。やはり最低保証は税金でやらなければ、制度として成り立たないのではないでしょうか。

高市氏: 私は、生活保護制度というのはとても重要なものだと思います。どうしても生活が成り立たないという時に、もう少し堂々と受けられる。こういった形を作っていきたいと思います。今それが受けにくい環境というのがございますので、そういった要件を外していくということで、よろしいんではないかと思います。ただ年金制度というのは、運用も行われています。今株価も非常に高く、株価が上がることによって財源も増えていく。そうしてお互いに助け合いながら、将来に備えながら、ということで現在いらっしゃる方が負担をし、上の世代を支えるという形で様々な保険制度が成り立ってきております。もし全額税金という形になると、どこで縛るのか、どこで線を引くのか非常に難しい問題があるのと、国民負担が増えていくと思います。

河野氏: これまで厚生省の年金局は年金制度を維持しようとしてきましたが、しかし維持すべきは年金制度ではなくて、将来の年金生活を若い人、あるいは次の世代の人たちの年金生活が維持されなければなんの意味もないんです。今のように保険料でやりますといって保険料の納付率を上げるために、どんどん免除をしてしまえば、基礎年金の将来のもらえる金額は減ります。

構造的に保険料では最低保証の年金が出せないというのは明らかです。だからこそ、これだけの高齢者世帯が生活保護をもらうことになっています。同じことならば、むしろ生活保護の方がお金がいいからそっちの方がいいんではないか。完全なモラルハザードになっています。きちんと年金で最低レベルを保証する、そういう制度を考えた上で現役世代の所得を維持できる二階部分を作っていく、もう抜本的に年金制度の改革を今やらなければ、若い世代の人たちの将来の年金生活が維持できません。

河野氏はここまで、保険料が払えず少額の年金しか受け取れない人は、多くの場合生活保護を受け取っており、その生活保護費を賄うために結果的に多くの税金が費やされていることを繰り返し指摘した。だが、高市氏は全額税金で負担するには、年金制度の歪み、あるいは国民負担の増加に繋がるとの認識をあくまで崩さず、議論は平行線のままだった。

■具体性と現実性求める岸田氏、ここでも両者の溝は埋まらず

河野氏はさらに、自身2度目の質問順で、岸田氏に対して現行の年金制度に対する認識について質問を行う。

河野氏: 最低保障年金であるべき基礎年金が、保険料で行われていると、最低限必要な年金の金額は保証されないということになってしまいます。最低保証の年金は構造的に税金でやらざるを得ないと私は思いますが、そうではなく現行の制度を続けていくのがいいのか、この点についてご意見を伺いたいと思います。

岸田氏: 河野さんがおっしゃるように、年金の生活をしっかり守らないといけない、これはその通りだと思います。しかし民主党の時7万円の最低保障年金の議論があって、我々はこれを随分攻撃しました。あの時は8%消費税を上げなければいけないということで、これは実現不可能だと言ってきました。ですから税でやるとした場合に、実際消費税が何%上がるのかをしっかり示して、議論をすることが大事だと思います。この点についてはっきりお答えいただいた上で、考えていきたいと思います。

河野氏: 今の基礎年金の議論は、年金だけを考えて何%上げるでいいのかという議論をしてますが、基礎年金で生活できない方は生活保護をもらっている。そういう分を考慮せずに、税方式にした時必要な税金が多い少ないという比較は必ずしも正しくありません。また現行の制度では、大きな所得や資産がある人でも、保険料を払っている以上基礎年金をもらうことができますが、所得一億円の方に最低保障年金を出す必要はないと思います。

資産が一億円ある人にも出す必要はないと思います。どういう人を対象に、どれだけの金額を出すのか、それによって今、生活保護なり生活保護の方の医療費の免除でどれくらいのお金が出ているのか、それをしっかりと考えた上で議論をしなければいけません。そうでなければ、今お金がもらえなくて苦しい生活をしている、あるいは生活保護をもらっている人をそのまま野放しにするだけで終わってしまいます。

これに対し、岸田氏は続く自身の質問順で、河野氏の主張する基礎年金の税方式の現実性と、消費税率の変化分についてなどさらに質問を続ける。

岸田氏: 税方式の最低保障年金を導入することについて、先ほど具体的な数字をお示しいただけないかと申し上げました。消費税の税率のイメージを教えていただけないか。それから税方式に切り替えた場合、従来の賦課方式で保険料を払っている現役世代からすると、転換期において二重の負担になる等、かなりの混乱を生じることになるのではないか。私は今の厚生年金の制度をできるだけ広げる形で、多くの人たちを取り込んでいくこういった方式を考えていますその現実性ということと、それから具体的な消費税の数字、これを教えていただけますか。

河野氏: これはどれくらいの年金を、どういう人を対象に支払うかによって、税金の必要な額が違います。将来的には基礎年金にもマクロ経済スライドが入り金額が減っていく中で、老後の生活が保障できるのかというと、多くの人がそうではないとおっしゃると思います。ですから、どれくらいの年金金額を、どれくらいの収入の人に、あるいはどれくらいの資産がある人にお支払いするのか、それに対して仮に消費税にするならこれくらいの負担になりますよということをお示しをして、それが多いのか少ないのかという議論をしなければいけないと思っております。

また二階部分を積立方式にするならば、当然二重の負担が出ますが、二重の負担は一つの世代で償還すべきものではなく、広く長く負担をしてもらうものだと思っておりますので、特に問題は起きないと思っています。

岸田氏: やはり実現可能性ということについて、もう少し詰めていかなければならないと思います。私は幅広く、この社会保障の網を広げていく、こう言った考え方で、現在進められている厚生年金の制度をできるだけ広げるという方法で考えています。その中で河野さんの新たな提案の実現可能性ということで、例えば民主党がかつて言っていた7万円の最低保証年金ですら、8%の消費税の引き上げが必要だということになり、我々は徹底的にそれを攻撃したわけです。それとの関係も含めて、具体的な数字をしっかり示して、実現可能性と制度の移行についてもう少しご説明いただくことが、この議論にとって有益なのではないかと思っております。

岸田氏は、「基礎年金の税方式化」については、民主党政権の時に出された案であり、当時野党の自民党は反対したことを繰り返した上で、現行賦課方式から移行するときに混乱が生じると懸念を示すと同時に、実際に税方式化した場合、財源として想定される消費税の増税率はいかほどかと再三河野氏に問うたが、河野氏は明確な数字を答えず、議論は平行線に終わった。

あわせて読みたい

「自民党総裁選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  3. 3

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  4. 4

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  5. 5

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    泉田議員が“裏金告発”音声データを公開 星野新潟県議は反論「裏金じゃなく表の話」

    ABEMA TIMES

    12月04日 09:27

  8. 8

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  9. 9

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

  10. 10

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。