記事

SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳する理由


■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

SNSでの配信は気がつかない間に、自分の個人情報を撒き散らし、リスクになっていることがあります。

例えば、旅行に来ていることをリアルタイムにアップすれば、自宅が留守だということがわかってしまいます。戸建ての家に住んでいるように人は、家族旅行の写真をリアルタイムに載せるのは、泥棒さんに自ら情報提供するようなもので危険です。

そんなリスクを避けるためのアリバイ工作が、時差投稿です。旅行から帰ってきてから、時間をズラして写真をアップすれば、居場所を特定されるリスクが回避できるのです。

コロナ禍でも相変わらず旅行の写真や、レストランでの食事の写真、あるいは友達とのイベントの様子などをSNSにアップし「時差投稿です」とコメントを追加している人が目に付きます。

しかし、このような最近のSNS上での「時差投稿」コメントには、別の目的があります。

それは、新型コロナウィルス感染による自粛ムードが続いている中で、ゼロコロナを目指すような人たちからの批判を避けるためです。

最近の動きを見ると、新規要請者数の数は減り始め、医療機関のキャパシティーにも少し余裕が出てきているようです。

飲食店のアルコール提供の自粛が要請されていますが、東京ではアルコール提供を再開するお店が増えています。

また、以前は会食やイベントに否定的な人が多かったのも、風向きが変わってきています。

家族で旅行に出かける人も増え、都道府県をまたぐ不要不急の移動も、徐々に増えてきているように見えます。

そんな中でも、未だに日時をあいまいにすることで、世の中の自粛要請のムードに逆らっていないことをアピールするかのような「アリバイ工作」。

日本社会の同調圧力の強さと、ネット上でのバッシングに対する恐怖を感じる人が多いことがよくわかります。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年9月19日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  2. 2

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  3. 3

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  4. 4

    橋下徹「総選挙の争点、自民党から共産党まで『分配』を叫ぶだけでいいのか」

    PRESIDENT Online

    10月20日 15:15

  5. 5

    ワクワクしない衆議院選挙、なぜ?

    ヒロ

    10月20日 10:27

  6. 6

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

  7. 7

    【映画感想】007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

    fujipon

    10月20日 12:16

  8. 8

    LINEの個人情報不適切管理問題-経済安保とコンプライアンス経営

    山口利昭

    10月20日 14:12

  9. 9

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  10. 10

    北関東がワースト争い!魅力度ランキングに山本一太群馬県知事が法的措置を検討か

    渡邉裕二

    10月20日 08:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。