記事

「ショーケース」は誰のため?

1/2

今年の初めにはオーストラリアで話題になっていたし、フランスなどでもかなり激しいバトルが繰り広げられている様子は報じられていたから、てっきり海の向こうだけの話かと思っていたのだが、それはいきなりこの国でも始まった。

「米グーグルは16日、報道機関のニュース記事を集めて配信する新サービスを、同日付で日本で始めたと発表した。新聞社や通信社など40社以上の記事を配信し、使用料を支払う。グーグルなど「プラットフォーマー」が報道各社のコンテンツに対価を支払う一歩となるが、料金算定の不透明さなどに課題も残る。」(日本経済新聞2021年9月17日付朝刊・第1面、強調筆者、以下同じ)

「グーグル・ニュース ショーケース」と題したこのサービス。
確かにグーグルのトップページから入っていくと専用のページが設けられていて、複数の新聞社のコーナーが設けられている。
https://news.google.com/showcase?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja

報道を見る限り、

「グーグルは報道各社とそれぞれ記事使用について契約を結び、使用料を支払う。新サービスに配信する記事は報道各社が選ぶ。」(同上)

ということだから、Googleの検索エンジンが集めてきた記事を無作為に眺める、というこれまでのパターンとは異なるのは間違いない。そして、記事にもあるような「算定基準が!!!」といった話はまだ残っているにしても、プラットフォーマーたるGoogle自身がメディアに記事利用の対価を支払う、ということが、インターネット上のコンテンツ流通に関する大きな転換点になることは間違いないだろう。

ただ・・・

自分が気になったのは、ユーザ―の視点で見た時に、「このサービス、誰がどういう目的で使うんだろう?」ということである。

自分の場合、今現在の国内のニュースを一通り見たい、という時は、とりあえずブックマークしている日本経済新聞社のサイトに飛ぶ。
もう少し柔らかいニュースを見たい時はYahoo!ニュースとか47NEWSのサイトに行くし、スポーツ系のニュースならSportsnavi。
もう何年もこの行動パターンは変わらないし、現時点で変える必要があるとも思えない。

また、特定のトピックに関連するニュースを調べたければ、Googleのサイトの検索窓に行って「ググる」のが一番手っ取り早いし、そこで出てくる記事は、少なくとも今の時点では「ショーケース」のそれではなく、これまでどおり検索エンジンが引っ張ってきたものに他ならない。

そうなると、新しいサービスが始まったところで自分がそれをわざわざ見に行く動機はないし、果たしてこれを見に行く人がいるのか・・・?という疑問も当然に湧いてくる。

世界中で様々な逆風が吹きつける中で、既存メディアとの関係を少しでも良くするためにサービスだけは用意して見たけど、実際に使う人は少なく、その結果、いつの間にか消えていく。そんな未来図さえ浮かんできてしまうのだけれど・・・。

個人的には世界中でよく見かける「Googleがメディアコンテンツに”ただ乗り”している」という言説はどこか違和感があって、特にGoogleのようにリンクを通じて当該記事の掲載ページまで読み手を引っ張ってきてくれるプラットフォーマーであれば、検索結果として表示されることでメディア側にも「商機」が生まれるわけだから、それをうまくマネタイズできなかった責任をGoogleの側だけに押し付ける、というのは本来お門違いともいえる*1

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    営業禁止の地域でアダルトDVD販売 「まんだらけ禁書房」などを書類送検

    ABEMA TIMES

    10月22日 17:15

  2. 2

    橋下氏「民間のアイデアを役所が潰すな」接種証明システムに水差す総務省に苦言

    橋下徹

    10月22日 17:39

  3. 3

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

  4. 4

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    大下容子アナ番組で不適切演出…背景にテレ朝“子会社丸投げの悪癖”

    女性自身

    10月22日 13:05

  7. 7

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  8. 8

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  9. 9

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  10. 10

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。