記事
  • ロイター
  • 2021年09月17日 23:55 (配信日時 09月17日 23:54)

ECB物価予測、一部当局者は過度に悲観的と指摘=アイルランド中銀総裁

[ダブリン 17日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクルーフ・アイルランド中銀総裁は17日、一部の政策担当者はECBのインフレ見通しは過度に悲観的との見方を示していると述べた。

マクルーフ総裁はオンライン形式で実施した記者会見で、物価圧力の持続性を巡る「かなりの不確実性」があるものの、現在の物価上昇は一時的なものとの見方を示し、ユーロ圏の過度な物価上昇に対する懸念は、現時点で過大評価されていると述べた。

欧州連合(EU)統計局がこの日に発表した8月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年同月比3.0%上昇と、2011年11月以来、約10年ぶりの高い伸びを記録した。ECBは物価上昇は一時的との見解を示しているが、インフレ率予測を繰り返し上方修正している。

ECBは9日の理事会で新型コロナ対応の債券買い入れプログラムの買い入れ規模縮小を決定した際に発表した最新の予測で、インフレ率見通しを21年が2.2%、22年が1.7%、23年が1.5%とし、それぞれ1.9%、1.5%、1.4%から引き上げている。

マクルーフ総裁は「一部のECB当局者は見通しは過度に悲観的との見方を示している」と指摘。インフレが目標を上回るとの証拠が出れば政策担当者は対応するとし、ECBが看過することはないと述べた。

その上で、新型コロナウイルス禍からの底堅い回復が確実に継続するよう、ECBが当面は緩和的な金融政策を維持することが重要になると指摘。 一時的な物価上昇に対応するために利上げを実施すればこれまでの取り組みが阻害されるとし、正しい金融・財政政策が実施されていれば、回復は十分に力強い需要に牽引され、インフレ率は中期的に2%に回帰するとの考えを示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  2. 2

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  3. 3

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  4. 4

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  5. 5

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  6. 6

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  7. 7

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  8. 8

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

  9. 9

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  10. 10

    「賃上げで皆さんの生活を守る」利益の上がった企業が賃上げをしないのはおかしなこと

    中西健治

    10月17日 08:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。